川越画廊 ブログ

<   2011年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2011年8月28日




3日間のサマーセール終了。今日最終日は通常日曜日が休廊ということもあってか、それ以前より来場者は少なめでした。
低価格の作品のみの展示でしたので、点数の割に売上金額は少なめでしたが、当初の目標は達成しました。
休み中に準備ができず、会期前に来場者もあり、結局リストも作れなかったことが次回への反省でした。
朝一で遠方から来られた方、夜8時過ぎまで頑張って検討される方、会期中何度も来場される方・・など景気うんぬんでなく、熱心な方は多いと思います。
初めて絵を買われる方(特に誰かに影響されたのでなく自発的に興味を持った方は)は数千円の作品の購入を真剣に悩みます。大川美術館の大川さんの本に、「最初は週刊誌の表紙を集めた」とありましたが、たとえ1000円でも初めて絵を買うのには勇気が要ります。新しいコレクターはいつの時代も確実に生まれていると思われます。

さて少し日にちをあけて、次回は「瑛九と仲間たち」を開催します。
夏休み中に駒井哲郎の「夢の推移」「食卓Ⅰ」などを入手。額装ができたら常設展に展示します。



c0122967_18565563.jpg

駒井哲郎 夢の推移 1950年 メゾチント ed.20 12.5×15.5cm



「瑛九と仲間たち」展  
2011年9月17日(土)~25日(日)  20(火)休み
瑛九・靉嘔・池田満寿夫・オノサトトシノブ・磯辺行久・加藤正 +北川民次

by kg142 | 2011-08-28 19:44 | アート

2011年8月24日


今週の金・土・日 とサマーセールを開催します。
リストは間に合いそうもありません。一部をご紹介します。



c0122967_19275475.jpg

石原宏策 (仮)陸橋のある風景 木炭 1950年頃 28×38cm 無署名 額装 
石原宏策(1914-1998)について、「わたしの出会った芸術家たち」(久保貞次郎)の中に
「・・・かれはぼくにとって民次、瑛九以外に知りあったただひとりの画家であった。」という記述があるので、特別に思い入れのあった画家であったようです。





c0122967_19282031.jpg

木村茂 貨車 エッチング 24×35.5cm
画像では分かりにくいですが、背景の闇を動きのある線で表現していて、この作家には珍しい曲線表現の傑作。  
額装
以下初期の優品です。




c0122967_19283524.jpg

木村茂 レール エッチング 18×48cm
シート




c0122967_19285297.jpg

木村茂 冬木立 H  エッチング 36×25cm
ビュランのような鋭い表現に見えるが、エッチングの作品。長谷川潔の「ニレの木」に通じる気品があります。 シート
by kg142 | 2011-08-24 20:00 | アート

2011年8月12日

063.gif8月13日(土)~22日(月)  夏季休廊いたします。

058.gifサマーセール 8月26日(金)・27日(土)・28日(日)
 珍品を安価にて販売します










サマーセール出品作品の一部をご紹介します。
後日リストを制作します(予定)


c0122967_1023577.jpg

斉藤寿一 作品(ドリッピング) 1960年 48×62cm  額装 sold
額を換えました。



c0122967_1034913.jpg

福沢一郎 メキシコ人 リトグラフ 58×41cm(用紙サイズ:75×56cm) シート sold
複数あり
大きなリトグラフです。紙もしっかりしていて、保存状態も良い。





c0122967_105229.jpg

岩崎巴人 男 水彩・顔料・和紙  121×79cm 
アクリルセット、額装メンテナンス 箱なし   
重厚で迫力のある作品です。






来場していただき、実物を確認、お持ち帰りが原則です。

info@kawag.net
by kg142 | 2011-08-12 10:37 | アート

2011年8月7日




本日7日、瑛九展最終日です。
瑛九展は開催前から何か大きなプレッシャーを感じましたが、いよいよ最終日となりました。
作品を販売しなければというような意味のプレッシャーでなく、何かいろいろな人の瑛九への思いを受け止めきれないプレッシャーと言いますか。うまく言い表せないものです。

瑛九と交流のあった人から「瑛九は絶対だ」と聞いたことがあります。どういう意味なのでしょう。
批評とか感想とか述べるべき対象でないということなのでしょうか。もともとの熱烈な瑛九ファンにとっては、瑛九とは宗教のようなものなのでしょうか。

ゴッホや青木繁について交流などなかった人が、それぞれ自らの思い入れを熱く語ってもいいわけです。
瑛九についてもそうです。いろいろな立場、いろいろなレベルで語ってもいいはずです。関係ない地方の画廊が扱ってもいいわけです。ネット時代、専門家だけが語る時代ではないのです。熱い人にとっては盛り下げているようでも、私としては盛り上げているつもりなのです。

というわけで9月にふたたび「瑛九と仲間たち」をい開催いたします。

5月の「瑛九仲間たち」と「瑛九展」を合わせた内容ですが、修復が終わった初公開の作品も加え、今回よりもより見ごたえのあるものになるはずです。会期は9/17~25と短めですが、埼玉での(うらわ美術館、埼玉県立近代美術館)生誕100年展の会期中は、川越画廊でも常設展示で出来るだけ「瑛九と仲間たち」の作品を展示いたします。






001.gif8月13日(土)~22日(月) 夏季休廊いたします

003.gif 8月26日(金)・27日(土)・28日(日) サマーセール 

072.gif 「瑛九と仲間たち」  9月17日(土)~25日(日) 20(火)休










  



  
by kg142 | 2011-08-07 12:52 | アート

2011年8月4日


8月13日(土)~22日(月) 夏季休廊いたします。




c0122967_15143855.jpg

靉嘔 「ナッシュビルスカイライン」の原稿 sold

8月26日(金)~28日(日) サマーセール

サマーセールは新たに入った作品群から、額付きのものを主に出品いたします。

9月10日からの瑛九展の埼玉への巡回に合わせて、再び「瑛九の仲間たち」を開催いたします。


今回の「生誕100年瑛九展」のカタログですが、宮崎で学芸員の方が独自のデザインについて語られていましたが、巻末に「油彩のカタログレゾネ」が付いていることが画期的かと思います。
全555点の油彩が掲載されていて、およそ180点が美術館等の所蔵になっています。個人で寄贈を前提に収集されている方もあるので、流通する可能性のある作品は300点余りということになるのでしょうか。
売り切れては困るので、あまり宣伝したくありませんが、これほど安価なカタログレゾネはあまりないかもしれません。
by kg142 | 2011-08-04 14:23 | アート