川越画廊 ブログ

<   2013年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

大沢コレクションの彫刻





c0122967_1511869.jpg
 
堀内正和(1911-2001)  片側曲面直角六辺形B ブロンズ 1963 56×40×30cm

板を切り抜いて曲げたように見えるが、曲面がメビウスの帯のように回り込んでいて鋳造でないと出来ないことが分かる。
2003-2004年に全国4館を巡回した「堀内正和の世界展」カタログ#39に、片側曲面直角六辺形A(日本テレビ所蔵)と掲載されている。今回展示作は支柱の位置を3つの頂点のうちの別の点に換えているので、Bとした。素朴な台座は堀内本人の制作。




c0122967_15103132.jpg

ホルスト・アンテスHorst Antes  頭  スチール  1976  45×46×13.5cm  ed.1000
アンテスとカチーナ人形-現代ドイツ巨匠とホピ族の精霊たち  2004-2005 5館巡回 のカタログ#23掲載(国立国際美術館蔵)





c0122967_15113639.jpg

関根伸夫  象嵌No,28  鉄・真鍮・銅・ステンレス 1982年 43×32cm 

象嵌作品は最初、金、銀、黒、白などの紙を切り抜いて、そこに同形の紙を埋め込んだ作品であった。次いでこの作品のように金属で紙同様に象嵌した平面作品を制作。その後立体の象嵌作品となり、野外彫刻も作られた。
掲載の作品は一点もの(ユニーク)であること、カネコアートギャラリーでの発表期間のみの短期間しか制作されなかったこと(制作点数が少ない)ことから極めて貴重なものである。

位相絵画シリーズは金、銀、黒などに色分けされた作品が一見象嵌作品のように見えるが、金箔、銀箔を貼ったもので象嵌技法ではない。(コンセプトは同じとしても)













 
by kg142 | 2013-10-25 16:19 | アート

10月22日






大沢昌助とそのコレクション展
H.アンテス・H.ヤンセン・フンデルトワッサ―・ゾンネンシュターン・ブラウアー・関根伸夫・堀内正和・古美術 ほか
Horst Antes,Horst Janssen,Hundertwasser,Sonnenstern,Arik Brauer,Nobuo Sekine,Masakazu Horiuti etc

10月23日(水)~11月9日(土)  会期中 月・火 休み




c0122967_18155057.jpg

深沢幸雄  憂愁市街(迷路) 
1985 メゾチント・アクアチント・エッチング 74×49cm ed.50




c0122967_18162231.jpg

エルンスト・フックス  ビーナス  エッチング・アクアチント  ap  31×30cm




19(土)は長野方面のいくつかの美術館を巡りました。(少し前に行ったようなルートですが)
このところ風邪なのか体調不良の中 往復500キロのドライブでへとへと、お会いした方は迷惑だったことでしょうが、自分としては有意義でありました。


明日から「大沢昌助とそのコレクション展」を開催します。
by kg142 | 2013-10-22 18:50 | アート

10月18日



c0122967_18154437.jpg



大沢昌助とコレクション展
H.アンテス・H.ヤンセン・フンデルトワッサ―・ゾンネンシュターン・ブラウアー・関根伸夫・堀内正和・古美術 ほか
10月23日(水)~11月9日(土)  会期中 月・火 休み




毎年のこと入口が屋台でふさがってしまうので、お祭り期間中休廊いたします。
by kg142 | 2013-10-18 18:20 | アート

10月11日


大沢昌助とコレクション展
10月23日(水)~11月9日(土)  会期中 月・火 休み


コレクションとは大沢昌助先生がコレクションした作品という意味です。
出品作品を順次ご紹介してまいります。



c0122967_18435287.jpg

ホルスト・ヤンセン Horst Janssen  鉛筆・色鉛筆  1969年 42×60cm



c0122967_18464887.jpg

ゾンネンシュターン Sonnenstern 空の橋 鉛筆・水彩 51×73cm



昨日大沢家の帰りに世田谷美術館に寄って、
「アンリ・ルソーから始まる 素朴派とアウトサイダーズの世界」
を見ました。第一室の展示セットからして、表題のとおりルソーを見せる展覧会という感じでした。






c0122967_19223744.jpg

by kg142 | 2013-10-11 19:10 | アート

常設展

c0122967_16304987.jpg

北川民次 都会風景 水彩  1937-8頃  48×68cm
メキシコから帰国して最初に住んだ池袋モンパルナス時代の作品。ジョンマリンの影響がみられる。



突然思い立って(お聞きしたいこともあったので)群馬県立近代美術館へ行った。
常設展示で「ムンクの版画」(展示室4)を見た。17点の作品が大きな部屋にゆったりと飾られていて見ごたえがありました。ボランティアガイドさんの丁寧な解説に感動します。
美術館のある群馬の森までは車でちょうど1時間、大きな木があり鑑賞の後の散歩でより一層リフレッシュしました。ハナミズキの実が真っ赤に色ずいていたので何粒か頂戴、家で蒔いてみましょう。
(ムンクの版画は10月6日まで)


蘭山記念美術館では「開館10周年記念「現代日本画秀作展」が開かれています。(10/27まで)
50点ほどの展示作品の内、村上祐二(院展同人 村上隆氏弟)の作品が十数点展示されています。


今日 「エリトア」2013秋号を届けてもらいました。 http://www.eritoart.com/
美術系のフリーペーパーで今回は吉祥寺特集、編集部は川越にあって、発行部数は10,000部だそうです。




森秀貴・京子コレクションによる現代版画展
前期:2013年 9月14日(土)〜10月14日(月・祝)
後期:2013年11月23日(土・祝)〜12月23日(月・祝)
【開館時間】
10:00〜20:00(入館は19:30まで)
【会 場】
三鷹市美術ギャラリー
【休館日】
月曜日(9/16、9/23、10/14、12/23は開館)

森夫妻が三鷹市に寄贈された作品による展覧会です。
当画廊でも取り扱いが多い 岡部徳三氏の摺りによる版画作品が多く出品されています。
自称フルクサスオタクの森さん、昨今高騰の作品も寄贈される度量は素晴らしいと思います。
by kg142 | 2013-10-04 17:25 | アート

10月 常設展





高松次郎の60年代の貴重な版画です。

c0122967_17532517.jpg

高松次郎(1936-1998) 鍵の影 シルクスクリーン 1969年  35.8×25.9cm ed.100



c0122967_17543531.jpg

高松次郎 ねじれた柱 シルクスクリーン  1969年  34.5×23.6cm ed.50





今日竹橋へ「竹内栖鳳展」を見に行くと、常設展に高松次郎の「木の単体」が展示されたいました。
c0122967_17593531.jpg

高松次郎 木の単体 1971年 木  東京国立近代美術館蔵




出光美術館では「仙厓と禅の世界」を見ました。 
by kg142 | 2013-10-01 18:18 | アート