川越画廊 ブログ

<   2014年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

4月26日岩崎勝平 大沢昌助 靉嘔

今日から大型連休、皆さまどこへお出かけでしょうか。
今日から川越市立美術館で岩崎勝平展が始まりました。
c0122967_13582421.jpg

岩崎勝平 ひじつく 油彩 1932年
没後50年 岩崎勝平
川越市立美術館  http://www.city.kawagoe.saitama.jp/artmuseum/
2014年4月26日~6月15日

岩崎勝平(1905-1964)は、1905(明治38)年岩崎育太郎、まつ の七男として川越で生まれました。
父育太郎の弟に桃介、妹に翠子がいました。桃介は、福沢諭吉の長女ふさと結婚して福沢桃介となります。(桃介は松永安左衛門の指南役で、中部電力の基礎を作った財界人) 妹翠子は斉藤茂吉の弟子の歌人で、帝国美術学校初代学長となる杉浦非水の夫人となります。

大沢昌助(1903-1997)は、1903(明治36)年大沢三之助、みよ子の二男として東京で生まれました。
父三之助の妹 絲は、福沢諭吉の長男一太郎夫人となります。

大沢昌助は東京美術学校に1923に入学、1928年に卒業しています。
一方岩崎勝平は同校に1925に入学、1930年に卒業しています。共に卒業時は藤島武二教室です。

つまり二人には接点があるのです。
大沢昌助は当方の主要取り扱い画家であり、岩崎勝平は地元川越出身の画家であって、市立美術館の常設コーナーに二人が並んで展示されていることがあったりと、絵の内容とは関係ありませんが、その縁に大変興味がわいてきます。

以前勝平の遺族宅で拝見したノートの背表紙に、雪谷駅から大沢昌助邸に至る地図が描かれていたのを見たことがあります。晩年困窮した勝平は、昌助との縁を知って訪ねようとしたのではないでしょうか。

生前大沢昌助に岩崎勝平のとを尋ねると、学生時代からその当時までその名を知らないし、自宅を訪ねてきたこともないと言っていました。
(勝平が文展で特選受賞したころはその名を見聞きしていたとは思われますが、時間がたっていること、勝平が早く画壇を離れたこと、官展と在野の違いがあることなどで失念したと思われます。あるいは早い時期に福沢家を介しての縁を知っていたら、記憶にあったかもしれません。)
いずれにしても、近くにいて二人が出会うことがなかったのは不思議な気もします。





を開催いたします。

c0122967_1541774.jpg

靉嘔 巨大な鳥 1955  油彩と下絵を並べてみました。
油彩にはそれぞれ下絵が存在します。


c0122967_15101451.jpg

靉嘔 現代の恋人 下絵  油彩は広島現代美術館収蔵



c0122967_15105599.jpg

靉嘔 前へ 下絵   油彩は高松市美術館収蔵

下絵には モノクロとカラー(彩色)が描かれています。


c0122967_15145235.jpg

靉嘔  大地  下絵 モノクロ


c0122967_15154050.jpg

靉嘔 大地 下絵 カラー(彩色)




靉嘔AY-O初期作品展 PartⅢ
2014 5月13日(火)~31日(土) 12:00-19:00 open 日・月 休廊



連休中も 4月30~5月3日 は営業しています。














川越画廊のホームページ
by kg142 | 2014-04-26 15:18 | アート

4月23日

栃木県立美術館へ行ってきました。

真岡発 瑛九と前衛画家たち展  久保貞次郎と宇佐美コレクションを中心に
4月19日-6月22日 
栃木県立美術館

http://www.art.pref.tochigi.lg.jp/

宇佐美コレクションの瑛九が見ごたえのある展示となっていました。
自摺りの銅版画、リトグラフの大判が多数展示されていて、生誕100年展でも版画に限ればこれほど多くの作品は見られませんでした。
久保コレクションでは真岡市に寄贈された中で展示されていない作家も多く、またヘンリーミラーや北川民次など全体のごく一部しか展示されていないものもあるので、今後いろいろにアレンジされて展観されてゆくものと思われます。

真岡市の久保邸は、久保記念観光文化交流館として秋に公開されるようです。


旧久保コレクションを中心として、今年も靉嘔展を開催いたします。

靉嘔AY-O初期作品展 PartⅢ
2014 5月13日(火)~31日(土) 12:00-19:00 open 日・月 休廊


略歴:1931年茨城県生まれ。53瑛九らのデモクラート美術家協会に入会(-57)。54年東京教育大学卒業。55タケミヤ画廊個展。実在者展。53-57年読売アンデパンダン展。58渡米。62FLUXS参加。66ヴェネチアビエンナーレ。70レインボー北斎。71南画廊個展。サンパウロビエンナーレ。~ 00茨城県立近代美術館。06福井県立美術館。09三鷹市美術ギャラリー。10つくば美術館。12東京都現代美術館。各美術館個展開催。


c0122967_1502511.jpg

靉嘔  デカルコマニ―  油彩・紙  1957  28×18cm













川越画廊のホームページ
by kg142 | 2014-04-23 15:02 | アート

4月17日

国立西洋美術館でジャック・カロ(Jacques Callot, 1592年 - 1635年)展が開かれています。

c0122967_1435524.jpg


http://collection.nmwa.go.jp/G.1987-0045.html

ジャック・カロ―リアリズムと奇想の劇場
2014年4月8日(火)~6月15日(日)
http://www.nmwa.go.jp/jp/exhibitions/2013callot.html


ジャック・カロはロレーヌ公国(現在のフランス)で生まれ、日本でいえば江戸初期 徳川家光の時代に活躍し、今に至るエッチングの技法を完成させた人です。生涯全1400余点のうち、西洋美術館では400点を所蔵していて同館コレクションの中核をなしています。

c0122967_1562470.jpg

日本二十三聖人の殉教- 
1597年秀吉の弾圧により殉教した26聖人のうち23名のフランチェスコ会宣教師を描く。
http://collection.nmwa.go.jp/G.1987-0201.html




c0122967_14543839.jpg

連作 小さな道化21点のうち 「ギター弾き」 #73
この連作は、カロの最も有名な作品のひとつ。

http://collection.nmwa.go.jp/G.1987-0126.html











川越画廊のホームページ
by kg142 | 2014-04-17 14:36 | アート

Tell me now




c0122967_1136810.jpg

靉嘔  Tell me now  キャンバスにシルクスクリーン 1966 73×50cm

1966年にベニスビエンナーレを終えて8年ぶりに帰国、初めて岡部徳三氏に摺りを依頼した作品が、#169 Dorp,#170 Moon calender,#171 What's in jump?,#172 Tell me now の4点である。
これらは限定部数30で当然紙に摺られている。
画像はキャンバスに摺られた唯一の作品で、文字のコラージュはない。




東京都現代美術館で
フルクサスのオリジナルメンバーによる「フルクサス・イン・ジャパン2014」が開催されます。
http://www.mot-art-museum.jp/news/2014/03/2014-1.html









川越画廊のホームページ
by kg142 | 2014-04-11 11:44 | アート

4月5日


c0122967_14161100.jpg

靉嘔 眠りの理由(部分) リトグラフ 1962 ed.3  各30×40cm

関根・島 二人展は今日が最終日。思いのほか多くの作品が売約となりました。ありがとうございました。
次回の靉嘔展に向けて、順次作品をご紹介させていただきます。




c0122967_1433637.jpg

岩崎勝平  大磯 油彩  1932年 33×24cm  

岩崎勝平展 
4月26日-6月15日
川越市立美術館



c0122967_172643100.jpg

靉嘔 久保氏像A  シルク  1974 ed.75
昨年、久保家から真岡市に寄贈された久保コレクションを展示する展覧会が開かれます。

真岡発 瑛九と前衛画家たち展
4月19日-6月22日 
栃木県立美術館

http://www.art.pref.tochigi.lg.jp/
by kg142 | 2014-04-05 17:36 | アート

4月2日



何人かの来場者にお聞きしたした場所を今朝見てきました。
美術館エリアからずっと川下で、あまり知られていない花見スポットのようです。(ローカルな話で失礼します)
川越警察署の近くです。


c0122967_1119286.jpg

岸に下りて
c0122967_11213824.jpg


c0122967_11215268.jpg

向こう岸の店
c0122967_1122618.jpg

拡大




今年は開廊30年ですが、例年通りのローペースで進んでいます。
引き続き与えられた課題に対処して頑張ってまいりたいと思います。
連休後に靉嘔展 PartⅢ を開催いたします。画像は虹ですが、今回も初期作品展です。

具体、実験工房、ネオダダ、ハイレッドセンター、もの派・・と戦後美術の評価が高まっています。
靉嘔の加わったデモクラート、FLXUSは上記の動向とも深くかかわっています。
c0122967_11224066.jpg

靉嘔AY-O初期作品展 PartⅢ
2014 5月13日(火)~31日(土) 12:00-19:00 open 日・月 休廊

デモクラート時代から渡米まで、またニューヨークでの最初期の作品からFLUXSに至る油彩・水彩・版画等を展観いたします。50年代リトグラフは約50種(展示は一部)。内容は前回と重複するものもあります。

略歴:1931年茨城県生まれ。53瑛九らのデモクラート美術家協会に入会(-57)。54年東京教育大学卒業。55タケミヤ画廊個展。実在者展。53-57年読売アンデパンダン展。58渡米。62FLUXS参加。66ヴェネチアビエンナーレ。70レインボー北斎。71南画廊個展。サンパウロビエンナーレ。~ 00茨城県立近代美術館。06福井県立美術館。09三鷹市美術ギャラリー。10つくば美術館。12東京都現代美術館。各美術館個展開催。







関根伸夫&島州一 展 開催中 4月5日まで
c0122967_1123108.jpg

関根伸夫 ぶどうのプロジェクト リトグラフ 61×46cm ed.100 1984


c0122967_11232591.jpg

島州一 風景(手) シルク 25×30cm ed.28 1974














川越画廊のホームページ
by kg142 | 2014-04-02 11:56 | アート