川越画廊 ブログ

<   2016年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

1月30日

雪は降らなかったが予報のためか、今日は人出が少ない。
作品の紹介です。


c0122967_16441716.jpg
畑地 シルクスクリーン 35×27cm



c0122967_1644282.jpg
コラージュ 22×17.5cm



c0122967_16444345.jpg
木立 アクリル 15×10cm





c0122967_16463016.jpg


大沢昌助展を度々開催するのは、川越と縁のある画家なのですか?
と聞かれる方がありますが、強いて言えば上の図のような関係から川越に少し縁があります。

川越出身の福澤桃介は、福澤諭吉を介して大沢家と縁戚にあります。
叔母いと子(父の妹)が諭吉の長男(一太郎)に嫁いでいたのです。それで一時、大沢昌助は桃介の家に住んだことがあります。
桃介の甥は川越出身の洋画家岩崎勝平、妹翠子の亭主杉浦非水はムサビ、多摩美の初代学長。
美術関係のつながりがあるわけです。



1991年銀座和光で開かれた個展のカタログ冒頭、に以下のような言葉があります。(88才のとき)

「・・・・今となってみると子供の時から、神経質、引っ込み思案、いわゆる小心者、泣きむしなのはぼくのことかと思う。   ・・中略・・  九十年の人生になろうとしている。全部がマイナスになれば、プラスに変わるという遊戯があった。そう行きたいね。」


私(画廊主)も同じような性格なので、先生の性格にひかれてずっと取り扱い続けてきたのかもしれません。
(今となって思えば)

c0122967_16195114.jpg
土方明司氏と大沢昌助先生(1994年)



c0122967_16211143.jpg
川越 伊佐沼湖畔にて画廊主と大沢先生(1994年)
by kg142 | 2016-01-30 17:23 | アート

1月28日



大沢昌助展始まりました。


c0122967_1833732.jpg





c0122967_18332143.jpg





c0122967_18333319.jpg



今日も遠方の方、久々の方が来場されました。
by kg142 | 2016-01-28 18:36 | アート

大沢昌助 大作展示


c0122967_19344393.jpg

類推(赤)と(青)




c0122967_19295176.jpg
集合 





c0122967_19305575.jpg

義経が都落ちの際に絶景に何度も振り返ったという「顔振峠」
座っているのが晩年の大沢昌助先生。
by kg142 | 2016-01-21 19:38 | アート

1月17日 真岡市


栃木県真岡市にある、久保記念観光文化交流館で開かれた竹田鎮三郎先生の講演会へ行きいました。
c0122967_1162860.jpg

メキシコ在住50年になること、久保貞次郎先生との交流、メキシコでの教え子のこと、自作の解説などされました。
久保先生の教え子の方々、久保家の方々なども来られていました。




c0122967_117076.jpg

せっかくなので、日本一の恵比寿様にお参りしました。




以前紹介した 記念館となりの長蓮寺の弁財天が立派です。
c0122967_1171674.jpg

なぜ江戸から移されたのか知りたいところですが、東京大空襲などを免れて現在に残っているのですから、結果的にはよかったということでしょう。


大前神社 
http://www.oosakijinja.com/


久保記念観光文化交流館
http://www.kubokinen.net/

長蓮寺
http://www.chorenji.jp/
by kg142 | 2016-01-18 01:48 | アート

1月15日


c0122967_16465271.jpg

大沢昌助 正面展示風景



ヨシダヨシエ氏が亡くなられたとのこと、お電話をいただいたりしていたようですが休廊中だったこともあり、失礼しました。
新聞はとっていますが、時代に遅れて情報に疎いようです。ファイスブックを早く始めなければ・・
入院されて4年とか、お住まいは近くですがこのところはほとんど行き来もありませんでした。
御三家、瀬木、ヨシダと各先生が亡くなられて、昭和は遠くなりにけりという感じがします。


大沢昌助展の案内ハガキをようやく発送しました。
名簿をだいぶ修復しましたので、久しぶりに届く方もあるかもしれません。(不要なのに届く方も・・)

偉大な作家を扱わせていただいてはおりますが、一人の零細画廊ですので、今年もマイペースで参ります。
(会期・時間等は、その都度無理のないように毎回変則的とさせていただいております。どうぞ悪しからず。)
by kg142 | 2016-01-15 19:26 | アート

1月8日 


c0122967_14553564.jpg
三浦市三崎 海南神社参道

山本コータローの「岬めぐり」という歌は、三崎のマグロツアーをうたっているという説があるらしい。(定かではありません)




c0122967_14555529.jpg
城ケ島公園の道

真っすぐな道が先に行って右にカーブしている。
「この先はどうなっているのだろう」というささやかなときめきを描いた作品が、大沢昌助の風景画には多くあります。





c0122967_14563374.jpg
大沢展の一部の作品を既に展示中。
まん中の奥の作品は瑛九「ドンファン」 それ以外は大沢昌助。(今回は晩年作のみの展示)
by kg142 | 2016-01-08 15:21 | アート

謹賀新年



c0122967_2226169.jpg
多福寺門 2016年元旦

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。


多福寺を大沢昌助先にお供して訪ねたことがあります。
今年が多福な年になりますように・・
by kg142 | 2016-01-03 22:38 | アート