川越画廊 ブログ

タグ:大沢昌助 ( 37 ) タグの人気記事

昨年の展示風景

c0122967_14122103.jpg
2016年の大沢昌助 展示風景






c0122967_14104227.jpg
草間彌生  夕映えの雨 
1992 シルクスクリーン 52.8×45.5cm  
Yayoi Kusama Rain in the Evening Glow 














by kg142 | 2017-04-28 14:23 | アート

4月8日 大沢昌助展の日程

c0122967_15000906.jpg
大沢昌助 水平線 油彩・キャンバス 1983 162×130cm(F100号) 


大沢昌助展 Osawa Shosuke1903-97

2017年 517()610() 

水・木・金・土 のみopen 12:0017:00

オープンの曜日・時間にご注意ください。 


今年は没後20年になります。
20年前の5月15日に、私は磐梯山の裾野の温泉に泊まっていました。仙台方面から夜中に着いて、バイクで温泉巡りをしているという青年と私以外、客がいない小さな宿でした。
翌朝訃報を聞いてアトリエへ伺うと、何人かの人が集まっていました。葬儀をアトリエで執り行うということで、わたしも家具などを移動しました。今年このアトリエを整理したとのことですが、20年よく維持されたと思います。


この作品は
変身と変貌 大沢昌助展1991(練馬区立美術館)カタログ#71(図版掲載)




















 


by kg142 | 2017-04-08 16:42 | アート

版画集「よろこび」

展覧会の後になってしまいましたが、大沢昌助版画集「よろこび」
のご紹介です。
アートは「よろこび」であり、「たのしみ」であり、「あそび」である、という
大沢昌助先生の姿勢そのもが版画のタイトルになっています。
ご要望にこたえて、頒布いたします。


c0122967_14564085.jpg

大沢昌助 よろこび  シルクスクリーン(セリグラフ)  1994年  33.5×25cm


c0122967_14565573.jpg

大沢昌助 たのしみ  シルクスクリーン(セリグラフ)  1994年  33.5×25cm


c0122967_1457961.jpg

大沢昌助 あそび  シルクスクリーン(セリグラフ)  1994年  33.5×25cm


c0122967_1457367.jpg

版画集よろこび 奥付


c0122967_1458251.jpg

版画集の布たとうケース

大沢昌助版画集「よろこび」
版画(シルクスクリーン)3点入り、各作品に鉛筆サインと限定番号入り、摺り:岡部徳三、限定120部
発行:川越画廊 1994年
セット価格 50,000円(税・送料込)

複数セット在庫あり (期間限定)
メールアドレス  info@kawag.net




川越画廊のホームページ
by kg142 | 2016-02-27 15:18 | アート

2月23日 常設展示



c0122967_173499.jpg

大沢昌助展 盛況に終了しました。
最終日は団体のご来場もあり、混雑いたしました。引き続き一部作品を展示しております。



c0122967_173801.jpg
左から 靉嘔、今井俊満、Hミラー

今日、正面の壁の展示換えをしました。
大作搬出まで、数日間大沢昌助も継続展示中です。





c0122967_17401732.jpg

H・ミラー  楽園 水彩  1980年(没年)作 





c0122967_17412335.jpg

靉嘔 とくぞう シルクスクリーン





川越画廊のホームページ
by kg142 | 2016-02-23 17:44 | アート

2月12日


会場風景をユーチューブへUPしました。



c0122967_11282931.jpg大沢昌助のお孫さん 洋子さん。
洋子さんはおばあさま(昌助夫人)に似ていると言われるそうです。

昌助夫人季美子さんの父親は北村季晴で、先祖は北村季吟という人で、代々「季」という文字が名前に入っています。














by kg142 | 2016-02-12 21:01 | アート

2月9日 陽気なつどい

c0122967_16205430.jpg

大沢昌助 陽気なつどい  1994 アクリル・キャンバス 53×45.5cm
向日葵に集う動物たち。何事も陽気でポジティブな姿勢が大切かと思います。


先日 猪熊弦一郎邸にアトリエを構える大沢悟郎さんが来られ、脇田和猪熊弦一郎が縁戚にあるとお聞きした。 大沢昌助と猪熊弦一郎は親戚なので、大沢昌助と脇田和もつながりがあるということになる。


映像ディレクターの大沢昌史さん(大沢昌助の孫)からフェイスブックのメールを頂戴する。

大沢昌助フェイスブック
https://www.facebook.com/shosuke.osawa/

こちらは国立競技場の壁画のこと
http://www.jpnsport.go.jp/newstadium/tabid/509/Default.aspx

川越画廊のフェイスブック
いつになっても未完成


関根光才氏(関根伸夫ご子息)と大沢昌史氏が、ともに奥田民生を撮っているというのは、どういう偶然なのでしょう。
関根伸夫先生は多摩美時代、大沢昌助の教え子。
by kg142 | 2016-02-09 17:10 | アート

1月30日

雪は降らなかったが予報のためか、今日は人出が少ない。
作品の紹介です。


c0122967_16441716.jpg
畑地 シルクスクリーン 35×27cm



c0122967_1644282.jpg
コラージュ 22×17.5cm



c0122967_16444345.jpg
木立 アクリル 15×10cm





c0122967_16463016.jpg


大沢昌助展を度々開催するのは、川越と縁のある画家なのですか?
と聞かれる方がありますが、強いて言えば上の図のような関係から川越に少し縁があります。

川越出身の福澤桃介は、福澤諭吉を介して大沢家と縁戚にあります。
叔母いと子(父の妹)が諭吉の長男(一太郎)に嫁いでいたのです。それで一時、大沢昌助は桃介の家に住んだことがあります。
桃介の甥は川越出身の洋画家岩崎勝平、妹翠子の亭主杉浦非水はムサビ、多摩美の初代学長。
美術関係のつながりがあるわけです。



1991年銀座和光で開かれた個展のカタログ冒頭、に以下のような言葉があります。(88才のとき)

「・・・・今となってみると子供の時から、神経質、引っ込み思案、いわゆる小心者、泣きむしなのはぼくのことかと思う。   ・・中略・・  九十年の人生になろうとしている。全部がマイナスになれば、プラスに変わるという遊戯があった。そう行きたいね。」


私(画廊主)も同じような性格なので、先生の性格にひかれてずっと取り扱い続けてきたのかもしれません。
(今となって思えば)

c0122967_16195114.jpg
土方明司氏と大沢昌助先生(1994年)



c0122967_16211143.jpg
川越 伊佐沼湖畔にて画廊主と大沢先生(1994年)
by kg142 | 2016-01-30 17:23 | アート

1月28日



大沢昌助展始まりました。


c0122967_1833732.jpg





c0122967_18332143.jpg





c0122967_18333319.jpg



今日も遠方の方、久々の方が来場されました。
by kg142 | 2016-01-28 18:36 | アート

大沢昌助 大作展示


c0122967_19344393.jpg

類推(赤)と(青)




c0122967_19295176.jpg
集合 





c0122967_19305575.jpg

義経が都落ちの際に絶景に何度も振り返ったという「顔振峠」
座っているのが晩年の大沢昌助先生。
by kg142 | 2016-01-21 19:38 | アート

1月15日


c0122967_16465271.jpg

大沢昌助 正面展示風景



ヨシダヨシエ氏が亡くなられたとのこと、お電話をいただいたりしていたようですが休廊中だったこともあり、失礼しました。
新聞はとっていますが、時代に遅れて情報に疎いようです。ファイスブックを早く始めなければ・・
入院されて4年とか、お住まいは近くですがこのところはほとんど行き来もありませんでした。
御三家、瀬木、ヨシダと各先生が亡くなられて、昭和は遠くなりにけりという感じがします。


大沢昌助展の案内ハガキをようやく発送しました。
名簿をだいぶ修復しましたので、久しぶりに届く方もあるかもしれません。(不要なのに届く方も・・)

偉大な作家を扱わせていただいてはおりますが、一人の零細画廊ですので、今年もマイペースで参ります。
(会期・時間等は、その都度無理のないように毎回変則的とさせていただいております。どうぞ悪しからず。)
by kg142 | 2016-01-15 19:26 | アート