川越画廊 ブログ

タグ:山中現 ( 6 ) タグの人気記事

3月15日



山中現先生がブログを開設されました。
プロフィールの画像に当方個展の案内状の作品を使っていただいています。
山中現ブログ http://ygen.exblog.jp/


そこで当方所蔵作品よりご紹介させていただきます。

c0122967_14433348.jpg

山中現 佇む 油彩・キャンバス 2013年 100×148mm


c0122967_1418556.jpg

山中現 キイロのために  ガラス絵 2009年 145×100mm


c0122967_14442815.jpg

山中現 ひとつの赤 油彩・キャンバス  2013年 100×148mm
info@kawag.net



岩崎勝平展が開催されます。

岩崎勝平展
川越市立美術館  2014年4月26日~6月15日
http://www.city.kawagoe.saitama.jp/artmuseum/
この展覧会は没後50年記念と下記の展覧会に合わせて開催されます。

静岡市美術館 巨匠の眼 川端康成と東山魁夷 4月12日~6月1日
http://shizubi.jp/exhibition/future_140412.php
この展覧会は 宇都宮、静岡市、島根県、東京ステーション、福岡石橋 各美術館を巡回します。
宇都宮では、川端コレクションの岩崎勝平が展示されたようです。

岩崎勝平展では、「東京百景 大川端」*川端康成コレクション が展示されます。

会期中の常設期間に川越画廊でも岩崎勝平油彩を展観いたします。


c0122967_14532859.jpg

岩崎勝平(1905-64)  下駄 油彩・板 33×24cm 1930年代
by kg142 | 2014-03-15 14:55 | アート

9月11日





ユーチューブに画像をUPしておくと、どんな作品を出品したかなど記録になって良いということなので、今回も撮影しました。





前回は震災の計画停電中の開催でした。そのとき依頼した作品はほとんど残っていないので、今回の作品も徐々に少なくなってゆくと思います。前回の画像です。




CWAJで併設展として展示されます。
会期:2013年 9月30日(月)-10月20日(日)
会場:東京アメリカンクラブ フレッド・ハリス・ギャラリー
http://www.cwaj.org/PrintShow/associateshow-j.html
by kg142 | 2013-09-11 15:54 | アート

山中現展


1983年1~12月 文芸の表紙は大沢昌助で、内表紙を山中現が担当している。
しかしこの時点では両者の面識はなかったようです。
c0122967_1774967.jpg


c0122967_1774075.jpg


1984年に川越画廊が開廊し、翌1985年から毎年大沢昌助新作展を開催しているので、おそらく85年か86年に山中現氏は(川越画廊で)大沢昌助と出会ったということのようです。(この9月に浅草で開かれる「大沢昌助&山中現展」のハガキに大沢昌助との出会いについての山中氏の文章があったので・・)
山中氏とはそれ以来のお付き合いなので、もう30年近くにもなるということになる。

山中氏は1954年生まれで私も同年の生まれだ。
以前渋谷にあった「ゆーじん画廊」での山中現展の折に、たまたま居合わせた山中さん、洲之内徹に近かったGさん、画廊主W氏と私の4人が同年の生まれと知り驚いたことがあった。
山中さんはこの世代では最も著名な版画家の一人だが、そのためなのかどこの大学からの招きもなく、画家一本でずっと頑張ってこられている。油彩画は15年くらい前から発表されるようになり、今回のハガキ大のキャンバスは川越画廊のオリジナルのサイズです。
油彩画は毎年少しづつ変化していて、今年はべたの地に独特のマチエールというか風合いが感じられるようになっている。本人いわく、拭きとったり薄い絵具を何層にも塗り重ねたりといろいろ工夫されているようです。

現在は画家にとっては困難な時代ですが、法則の通り今だからこそ生まれる作品があります。
個々の作品画像は追って掲載します。


展示風景です。

c0122967_18305322.jpg


c0122967_18301594.jpg



c0122967_18312164.jpg


c0122967_18304445.jpg


c0122967_18315378.jpg



油彩、ガラス絵、木版(モノタイプ、文芸挿絵) などです。
by kg142 | 2013-08-30 18:36 | アート

2011年3月20日




本日の停電はありませんでした。
あす以降も変更になるかもしれません。

昨日は延10数人の来場者があり、結局5人ほどでミニパーティーをしました。


c0122967_12255198.jpg

by kg142 | 2011-03-20 12:27 | アート

2011年3月4日



c0122967_18193417.jpg



山中現油彩展
2011年3月19日~4月17日 月休廊 ただし4月は金、土、日のみオープン

小品は100×148ミリの川越画廊オリジナルのキャンバスに描いていただきました。
価格は一点額付52,500円(送料サービス) 





c0122967_18473275.jpg






c0122967_18474721.jpg

白の中に sold




c0122967_1848233.jpg






c0122967_18482474.jpg

光の場所


(共通)2011年 油彩・キャンバス 100×148ミリ

今展では久々にささやかなオープニングパーティーをいたします。
ワインのみの本当にささやかなものです。










川越画廊のホームページ
by kg142 | 2011-03-04 18:56 | アート

2011年2月8日




油彩小品展終了。最後の週末は多くの来場者がありました。

次回は山中現新作油彩展を開催いたします。
当画廊での山中現展は久々の開催となります。
当方オリジナルのハガキ大キャンバスと0号そして100号の  小品と大作による展示となります。


c0122967_1823560.jpg

油彩・キャンバス 0号 2011年




山中現新作油彩展
3月19日(土)~4月17日(日) 月休 会期後半の4月は金・土・日のみOpen




作風に新展開が見られます。近々画像をUPいたします。

略歴
1954年 福島県喜多方市生まれ
1978年 東京芸術大学 美術学部油学科 卒業
1980年 東京芸術大学大学院 美術研究科版画専攻 修了
1981-84年 東京芸術大学版画研究室助手
1985-86年 東京芸術大学美術教育研究室助手

1977年 三人展(サトウ画廊・東京)
1979年 東京芸術大学版画研究室展(シロタ画廊)
1980年 日本国際美術展(東京都美術館、京都市美術館)
1983年 セントラル版画大賞展(セントラル美術館・東京)
1983年 版画「期待の新人作家」大賞展(りゅう画廊・池袋)
1984年 版画「期待の新人作家」大賞展・会長賞(同上)、
      西武美術館版画大賞展(西武百貨店池袋店)・日版商買上賞、
      クシロン国際木版画トリエンナーレ(スイス)
1985年 和歌山版画ビエンナーレ(和歌山県立近代美術館、ウォーカーヒル・アート・センター・ソウル)、
      現代日本版画展(ホノルル、ワシントンを巡回~‘86)
1986年 ブラッドフォード国際版画ビエンナーレ(イギリス)
1987年 現代の版画1987(渋谷区立松涛美術館)
      現代東北美術の状況展・Ⅱ(福島県立美術館)
1989年 アジア美術展・版画ワークショップ(福岡市美術館)
1991年 リュブリアナ国際版画ビエンナーレ(ユーゴスラビア)
1992年 「木版画-明治末から現代-」(練馬区立美術館)
1994年 国際コンテンポラリーアートフェア(パシフィコ横浜)
1995年 「現代の木版画」(石巻文化センター)
1996年 「福島の新世代'96」(福島県立美術館)
1998年 “Space”現代日本版画展(ティコティン日本美術館、イスラエル)
1999年 ぶどうの国国際版画ビエンナーレ(山梨県立美術館)
2001年 現代日本版画展(スコットランド エジンバラ)
2002年 今日の日本の版画(ティコティン日本美術館、イスラエル)
2004年 日本の木版画100展(名古屋市美術館)
      Ispa Japan 2004 NAGOYA(名古屋市美術館)
2005年 ソウル国際版画写真アートフェア 日本現代版画特別展(芸術の殿堂、ソウル)
2006年 東京オペラシティアート・ギャラリー収蔵作品展(東京オペラシティアートギャラリー)
2010年 個展「山中現 夢の領域」福島県立美術館








川越画廊のホームページ
by kg142 | 2011-02-08 18:29 | アート