川越画廊 ブログ

タグ:岡本信治郎 ( 2 ) タグの人気記事

常設展示

c0122967_17205000.jpg
常設展示中













by kg142 | 2017-08-24 17:21

岡本信治郎


c0122967_1553892.jpg

岡本信治郎 ベティブープの国より制服のスフインクス・スタインベルクの肖像 シルクスクリーン 1974 46.5×58cm ed.60 


1988年新潟市美術館で「岡本信治郎の世界 東京少年」が開催された。
カタログの冒頭でヨシダヨシエ氏(昭和4年生まれ)と林紀一郎氏(昭和5年生まれ)が昭和一ケタ生まれをキーワードに岡本信治郎(昭和8年生まれ)を論じている。
要約すれば、「一ケタ生まれの人は軍国主義のさなかに生まれ、それ以外知らずに育ち、最も多感な時期に価値観の転換を強いられた(敗戦によって)。という痛みを負っている。ただし、一ケタでも年によって同じ風景が違って見えていた。」 というような内容。
岡本信治郎は、日本の初期ポップアーティスト。
米でポップアートの新展示

今春 ヨシダヨシエ氏が亡くなられた。ヨシエは幼少のころに生き別れたという母親の名前だ。

先日テレビで、市川雷蔵が昭和一ケタ生まれの同じ境涯の人であることを知った。
雷蔵が演技で見せる虚無的な雰囲気は、複雑な出自によるところがあるという論調であった。
没後50年近くたっても市川雷蔵の人気は続いている。特に女性ファンが多いとのことである。

ヨシダヨシエ氏が女性にもてたのも納得できる気がいたします。(合掌)


ヨシダ氏がある時、ポッピンをくわえて来廊されたことがありました。
歌麿も幼少のころに生母と生き別れて、青楼の画家となりました。
次回は歌麿の考察に続きます。


c0122967_190475.jpg

歌麿 ポッピンを吹く女 木版 キラ摺り 
by kg142 | 2016-03-25 19:06 | アート