川越画廊 ブログ

タグ:岩崎勝平 ( 5 ) タグの人気記事

4月26日岩崎勝平 大沢昌助 靉嘔

今日から大型連休、皆さまどこへお出かけでしょうか。
今日から川越市立美術館で岩崎勝平展が始まりました。
c0122967_13582421.jpg

岩崎勝平 ひじつく 油彩 1932年
没後50年 岩崎勝平
川越市立美術館  http://www.city.kawagoe.saitama.jp/artmuseum/
2014年4月26日~6月15日

岩崎勝平(1905-1964)は、1905(明治38)年岩崎育太郎、まつ の七男として川越で生まれました。
父育太郎の弟に桃介、妹に翠子がいました。桃介は、福沢諭吉の長女ふさと結婚して福沢桃介となります。(桃介は松永安左衛門の指南役で、中部電力の基礎を作った財界人) 妹翠子は斉藤茂吉の弟子の歌人で、帝国美術学校初代学長となる杉浦非水の夫人となります。

大沢昌助(1903-1997)は、1903(明治36)年大沢三之助、みよ子の二男として東京で生まれました。
父三之助の妹 絲は、福沢諭吉の長男一太郎夫人となります。

大沢昌助は東京美術学校に1923に入学、1928年に卒業しています。
一方岩崎勝平は同校に1925に入学、1930年に卒業しています。共に卒業時は藤島武二教室です。

つまり二人には接点があるのです。
大沢昌助は当方の主要取り扱い画家であり、岩崎勝平は地元川越出身の画家であって、市立美術館の常設コーナーに二人が並んで展示されていることがあったりと、絵の内容とは関係ありませんが、その縁に大変興味がわいてきます。

以前勝平の遺族宅で拝見したノートの背表紙に、雪谷駅から大沢昌助邸に至る地図が描かれていたのを見たことがあります。晩年困窮した勝平は、昌助との縁を知って訪ねようとしたのではないでしょうか。

生前大沢昌助に岩崎勝平のとを尋ねると、学生時代からその当時までその名を知らないし、自宅を訪ねてきたこともないと言っていました。
(勝平が文展で特選受賞したころはその名を見聞きしていたとは思われますが、時間がたっていること、勝平が早く画壇を離れたこと、官展と在野の違いがあることなどで失念したと思われます。あるいは早い時期に福沢家を介しての縁を知っていたら、記憶にあったかもしれません。)
いずれにしても、近くにいて二人が出会うことがなかったのは不思議な気もします。





を開催いたします。

c0122967_1541774.jpg

靉嘔 巨大な鳥 1955  油彩と下絵を並べてみました。
油彩にはそれぞれ下絵が存在します。


c0122967_15101451.jpg

靉嘔 現代の恋人 下絵  油彩は広島現代美術館収蔵



c0122967_15105599.jpg

靉嘔 前へ 下絵   油彩は高松市美術館収蔵

下絵には モノクロとカラー(彩色)が描かれています。


c0122967_15145235.jpg

靉嘔  大地  下絵 モノクロ


c0122967_15154050.jpg

靉嘔 大地 下絵 カラー(彩色)




靉嘔AY-O初期作品展 PartⅢ
2014 5月13日(火)~31日(土) 12:00-19:00 open 日・月 休廊



連休中も 4月30~5月3日 は営業しています。














川越画廊のホームページ
by kg142 | 2014-04-26 15:18 | アート

2011年1月11日




c0122967_16222995.jpg

岩崎勝平展 展示風景



c0122967_16225615.jpg

岩崎勝平 馬 油彩・板 4号 1930年頃




13日より 岩崎勝平展を開催いたします。
岩崎勝平(1905-1964)は川越市幸町(蔵造りの街)に生まれ、官展で受賞を重ね、従軍画家に選ばれていることからも、戦前かなり注目された画家でした。
その後父や叔父(福沢桃介)などの後援者が亡くなり、画壇から離れたこともあって、戦後は生活が窮乏しました。それでも川端康成、河北倫明などの知遇を得て、一部の人に知られる画家となりました。
今回は、1930年 美校卒業前後の初期の作品20余点を展観いたします。
by kg142 | 2012-01-11 16:46 | アート

2010年2月20日








c0122967_13295735.jpg

昨年 碌山美術館で買ったカモミールの種を蒔いたら、たくさん生えてきた。
黄色い花は自然に生えた違う種類の花。


今日は春を感じるよい天気となりました。
来月の今頃には桜の便りも聞かれることでしょう。





吉田博の「喜多院の桜」という木版画を買ってくださった方が
喜多院に寄贈されるとのこと。

c0122967_13354594.jpg

この作品は1935年の桜八題の中の一点。
他には京都の知恩院(2点)、嵐山、横浜三渓園(2点)、吉祥寺、弘前城などがある。

桜の名所は各地にあるのに、川越が入っているのが不思議な気もしますが、
当時から川越が景勝地として、ある程度有名だったということでしょう。

ここに描かれている多宝塔は、何度か移築されて、現在は違う場所にあります。
最初は川越日枝神社の近くにあったそうですが、道路拡張で移転したとのこと。


この日枝神社は小さな社ですが、赤坂日枝神社の元社という由緒正しき神社なのです。
このしだれ桜らしき桜の木は、現在も境内にあります。






今回の常設展示には、花の絵も展示しています。

c0122967_14143164.jpg

岩崎勝平 水仙  油彩・板 1930年頃




c0122967_14154090.jpg

古沢岩美  金木犀  油彩・キャンバス  20号  1992年
(秋の花ですが)
by kg142 | 2010-02-20 14:20 | アート

2009年10月2日



c0122967_18581519.jpg

岩崎勝平  油彩 10号 1932年




岩崎勝平(1905-1964)は川越生まれで、電力王 福沢桃介(1868-1938)の甥にあたる。
桃介や父親が亡くなった後は、その援助が途絶えて、苦労を重ねた。

画像は生活も安定し自信に満ちていた、27歳の頃の春台展出品作である。

没後1968年に銀座兜屋画廊において、河北倫明、川端康成氏らの肝いりで遺作展が開催された。
その遺作展の出品作でもある。
by kg142 | 2009-10-02 19:22 | アート

2009年6月13日

c0122967_172476.jpg

岩崎勝平 茅を刈る 油彩・板 SM 1939年頃





長沢英俊展 オーロラの向う所
2009年7月18日~9月23日
川越市立美術館  埼玉県立近代美術館 同時開催

長沢英俊展 夢うつつの庭
2009年7月18日~9月23日
遠山記念館

今夏 出身地の川島町にある遠山記念館を含め 3会場で長沢英俊展が開催されます。(その後巡回)

国内での展覧会は久々で、スケールの大きな展示となるようですので、今から楽しみです。


わたしの 相原求一朗 一点展
6月6日~7月5日  呼友館(川越)
8月5日~11月3日 北の大地美術館(北海道)

が開かれています。(当方でも 相原求一朗リトグラフ集を出版しております)


K氏の顕彰活動によって、岩崎勝平への関心が高まってきているようです。

写真は、従軍画家として中国へ赴いたときに取材した作品です。(画像が劣化しておりますが)








川越画廊のホームページ
人気blogランキングへ
にほんブログ村 美術ブログへ
by kg142 | 2009-06-13 17:29 | アート