川越画廊 ブログ

タグ:島州一 ( 5 ) タグの人気記事

2月2日


早2月 今日は額縁屋など回った後、埼玉県立近代美術館へ行ってきた。
コレクション 第4期の展示が大変良かった。展示に集中力を発揮した感じでした。

日本の近代洋画
通常は美術館のメインコレクションの印象派絵画が展示してあるところに、それらに影響を受けた日本の近代絵画を展示。最初は瑛九の「出発」という大きめの油彩。

アーティスト・プロジェクト 島州一
シャツをメインに島州一の仕事のトピックスをすっきりと展示。

椅子
美術館の特色のある椅子のコレクションを椅子に関連した絵画と合わせて展示。
駒井哲郎の「室内」などもありました。


難波田龍起
寄贈を受けた「柴田みどりコレクション」
柴田さんは元は難波田先生の近くに住んでいて知遇を得て、初期の第七画廊時代の作品をコレクション。
世田谷から埼玉の田園地帯に越して、自宅ホールで定期的にクラッシックコンサートを主催した。最後のバイオリンコンサートは私も聞いた。


2015 MOMASコレクション 第4期
http://www.pref.spec.ed.jp/momas/?page_id=328


 
注意:音が出ます
by kg142 | 2016-02-02 17:08 | アート

3月20日





c0122967_16411730.jpg

島州一の展示壁面



関根伸夫 & 島州一 1970年代版画展
2014 3月25日~4月5日  日・月 休

1975年に「関根伸夫&島州一クロスカントリー7500キロ」という全国巡回展が開催されました。この巡回展を再現展示し、版画全盛の熱い時代を回顧します。
■関根伸夫1942埼玉県生まれ、67多摩美大学院卒、68位相-大地、70ベニスビエンナーレ、78ルイジアナ美術館個展 ~  ■島州一1935東京生まれ、1959多摩美卒、71現代日本美術展、73サンパウロビエンナーレ、74東京版画ビエンナーレ受賞、80-81文化庁在外研修生 ~


関根伸夫 http://www.nobuosekine.com/
島州一 https://sites.google.com/site/shimawebsite/

版画をよく展示する美術館
町田市立国際版画美術館  http://hanga-museum.jp/
和歌山県立近代美術館 http://www.momaw.jp/
by kg142 | 2014-03-20 16:58 | アート

3月8日



常設展示より
c0122967_18293246.jpg

オルデンバーグ バターを載せたベイクドポテト  リトグラフ 1972 ed.100  68×84cm




展覧会のハイシーズンとなりましたが、花粉の季節 当方は地味な展示でまいります。



c0122967_196567.jpg

島州一 自画像  1974  シルクスクリーン

c0122967_1975772.jpg

島州一 ろうそく 1974 シルクスクリーン




関根伸夫 & 島州一‘70年代版画展
2014 3月25日(火)~4月5日(土)  日曜・月曜 休み
1975年に「関根伸夫&島州一クロスカントリー7500キロ」という全国巡回展が開催されました。この巡回展を再現展示し、版画全盛期の熱い時代を回顧します。
関根伸夫1942埼玉県生まれ、67多摩美大学院卒、68位相-大地、70ベニスビエンナーレ、78ルイジアナ美術館個展 ~  / 島州一1935東京生まれ、1959多摩美卒、71現代日本美術展、73サンパウロビエンナーレ、74東京版画ビエンナーレ受賞、80-81文化庁在外研修生 ~



今後の予定
5月     再々靉嘔初期作品展  
6月後半  瑛九展
by kg142 | 2014-03-08 19:19 | アート

島州一&関根伸夫


1ヶ月先ですが、以下の展示をいたします。


c0122967_11132883.jpg

島州一  少年  シルクスクリーン 1974年 50×50cm ed.30


c0122967_1114213.jpg

関根伸夫  Touch Black リトグラフ 1976年 50×77cm ed.12


 関根伸夫 & 島州一 1970年代版画展
2014 3月25日~4月5日  日・月 休


1975年に「関根伸夫・島州一クロスカントリー7500キロ」 という全国巡回展が開催されました。残念ながら私は実見していませんが、当時の作品で再現しようという展示です。
この時期に二人の作家の版画作品の傑作が生まれています。
by kg142 | 2014-02-26 19:32 | アート

2011年1月15日





c0122967_1905816.jpg




c0122967_19363053.jpg




c0122967_1912855.jpg





1月25日~
「小品油彩展」 を開催いたします。
早くも本日展示しました。33点出品します。リストはまだできていません。

ミニュテュア・0号・サムホール・3号 などです。

大画面の作品は迫力があって良いですが、小品はまた愛らしくて良いです。
そこで、3月にミニュテュア(100×148ミリ)と100号の展覧会を開催します。

展覧会会期中以外は、都合により臨時休廊する場合があります。


今回の作品の何点かを紹介します。



c0122967_19175446.jpg

吉田克朗 触シリーズより 油彩 3号
指で描いています。



c0122967_1938298.jpg

オノサトトシノブ 油彩 10×10cm あまりない10センチの小品です。




c0122967_19183136.jpg

島州一 油彩 0号 「髪結い女」 というタイトルです。




c0122967_19184815.jpg

大沢昌助 油彩 148×100ミリ
このキャンバスは当画廊が特注して、大沢先生にたくさん描いていただきました。もう残り少なく貴重なものです。




c0122967_191932.jpg

高松潤一郎 油彩 18×14cm 細密に描かれています。
by kg142 | 2011-01-15 19:43 | アート