川越画廊 ブログ

タグ:駒井哲郎 ( 4 ) タグの人気記事

2012年5月23日



c0122967_17261798.jpg


昨日は世田谷美術館で「駒井哲郎展」を見た。
http://www.setagayaartmuseum.or.jp/
あいにくの雨でしたが、小学生の団体で賑わっていました。
資生堂名誉会長の福原義春氏が個人で収集した500点に及ぶ作品を、前後期に渡って展示する展覧会です。町田市立版画美術館に始まって、各地を一年間巡回した後の最後の展示会場ということです。
この一年間でもコレクションはさらに進化(深化)をつづけているようで、おそらく最大の駒井哲郎コレクションということかと思います。
1室と2室の間に雑誌に掲載された駒井の言葉が展示されています。クレーの版画を例に、複数摺られる版画は1点1点違った摺りで良いものか、すべて同じように摺られなければならないのか、自分でもわからないが収集家はどう思っているのだろうか・・。
というような内容だったと思う。

同展カタログに学芸員の清水真砂氏が、プレートマークのインクの拭き残しが絵に微妙な雰囲気を出しているのでプレートマークを含めて作品の寸法とした、と書かれています。

つまり駒井の真意は、摺りは1点1点違って良いものだ、違ってしかるべきだということかと思います。

恩地孝四郎、長谷川潔、クレー、ルドンなどから影響を受け、またそれらを手掛かりに目に見えない思いや精神を物質化しようとした駒井哲郎は、マチエールの重要性を語っています。
パソコンの画面で再現できるような色や形でなく、ザラザラつるつるした質感こそが物質の証ということなのでしょうか。
後半には実際の銅板も展示されていて、銅版画への理解を深めることができます。

福原義春氏の収集によって、時代を超えて駒井芸術をより多くの人が発見する機会が得られたことは素晴らしいことです。







Relation: 継がれるもの ─ 語りえぬもの
2012年5月14日(月)-6月23日(土)
武蔵野美術大学 美術館・図書館
http://mauml.musabi.ac.jp/museum/archives/1422
赤塚祐二、長沢秀之、袴田京太郎・・ほか展示中






c0122967_17265635.jpg

荒川の堤防からさいたま市方面を望む




c0122967_17271069.jpg

碌山美術館で種を買ったカモミール
by kg142 | 2012-05-23 17:56 | アート

2012年2月10日



常設展示中


c0122967_12472763.jpg




c0122967_12271669.jpg

駒井哲郎 食卓Ⅰ アクアチント 1959年




ヤフーオークション再開しました。
時間はかかりますが、とりあえず100点を目標に出品いたします。
http://openuser.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/kawagoeg


今年前半の展覧会はコレクションを額装して、小企画として2-3度開催します。
出来れば展示作品をヤフーオークションへも同時出品したいと思います。
by kg142 | 2012-02-10 12:54 | アート

2011年9月30日




ようやく瑛九展を見に行きました。

宮崎では点数が多いので窮屈な展示でしたが、埼玉では二館に分けて展示されているので、
テーマごとの区切りも分かりやすく、とても見やすく良い展示になっていました。

最初写真が小さいので、見にくいカタログと思っていましたが、展示のガイドブックとしてみると、番号ですぐに照合でき、とても良いものに見えてきました。

最初にカタログを購入して、それと照らして会場を見て回るのが良いのではないでしょうか。
瑛九の多様性を見せているわけです。(私は今頃分かりました。鈍感なのです。)

これほどの展示が今後いつ開かれるか解らないので、ぜひ見に行かれることをお勧めします。
点描の部屋にはイスが置いてあり、じっくりと眺めることもできます。
私ももう一度見に行きます。



■生誕100年記念瑛九展 2011年9月10日~11月6日
うらわ美術館  http://www.uam.urawa.saitama.jp/tenran_doc.htm
埼玉県立近代美術館  http://www.momas.jp/003kikaku/k2011/k2011.09/k2011.09.htm



カメラを持っていかなかったので、駒井哲郎の画像です。

c0122967_192725.jpg

駒井哲郎 食卓Ⅰ アクアチント 1959


c0122967_1911712.jpg

瑛九 骨と裸婦 ペンデッサン 1957 18×14cm 裏面に鉛筆画
by kg142 | 2011-09-30 19:13 | アート

2009年6月3日

昨日 都美術館の「日本の美術館名品展」へ行った。

出品リストに 駒井哲郎 1958年 樹 とあったので、この作品が出ていると早合点してしまった。
c0122967_19384840.jpg
 
よく考えてみれば、この作品は「樹木」というタイトルでした。
樹木 エッチング 1958年 ed.100(EA) 23.3×21cm

1958年の樹 という作品は、木が2本描かれた作品です。(今手持ちの画像がありません)


木が2本といってもこの作品ではありません。
c0122967_19431939.jpg

二樹 エッチング 1970年 ed.200(EA) 24.3×16.9cm

次回の「オノサトトシノブ 油彩小品」の展示に これらの駒井哲郎の木を描いた作品も展示します。
駒井の木を描いた作品は、独自の高い精神性が感じられます。


「日本の美術館名品展」は盛りだくさんでおなかいっぱいになると「日曜美術館」で言っていましたが、
名品には違いないにしても、各美術館の最高のものを出品しているとは思えず、少々不満が残りました。








川越画廊のホームページ
人気blogランキングへ
にほんブログ村 美術ブログへ
by kg142 | 2009-06-03 19:52 | アート