川越画廊 ブログ

11月30日

c0122967_12383428.jpg
散歩の途中で見つけた「モチの木」


定年を迎えた人、若い人でも転職などの節目に、次のステップの為に何年か充電するというのはよくあることだ。
のんびりするのは多少費用も掛かるが、少し体調を崩したことで、以前のようにモーレツに働かなくてもいいんじゃないか、と自分に言い訳できる。

というわけで、このところ企画展示は少なく、常設展示を時間を区切って開催しております。
新年度には、新規の展開を目指したいと思っております。(企画展を開催したいと言う意味です。)














# by kg142 | 2018-11-30 14:11 | 散歩

11月24日

c0122967_17152211.jpg
馬場檮男(1927-1994) 三渓園 
リトグラフ 24,5×33㎝ 1980頃


画廊の近くの蓮馨寺の境内にかつて遊園地があって、馬場先生がそれを「ピープルランド」と言う版画にした。
残念ながらその作品は手元になく、画像も見つからない。結構な大作で、当方のために10部は摺っていただいたはずなので、どなたかお持ちのはずであります。
先生の作品はほっこりとしていて、版画でないと出せない独特の雰囲気があります。










# by kg142 | 2018-11-24 17:19 | アート

11月22日


c0122967_14490022.jpg
古い民家の2階で、吉田実展が開かれている。場所は川越札ノ辻の少し北側です。
https://twitter.com/kuratenkuraten




c0122967_15092531.jpg
浜松で高橋典明展が開かれます。(参考画像)

NORIAKI TAKAHASHI
2018 12月1日~16日
cube bleu 静岡県浜松市中区元城町 219-16










# by kg142 | 2018-11-22 18:33 | アート

11月17日 


c0122967_17025680.jpg
石原宏策(1914-1998) 隅田川風景(R橋) 
コンテ 1947 385×545mm
2011年10月18日-29日 「夢と記憶」 という展示をした際に、「水門」とした作品。タイトルが違っていました。







 





# by kg142 | 2018-11-17 17:39 | アート

11月10日 靉謳 祭り

c0122967_17191454.jpg
常設展示より  靉謳 祭り(中央の絵)

靉謳は1958年渡米して、翌1959年に制作された作品。
当時「ニューヨークではアクションペインングが花盛りで、自分もそれ風の作品を描いたら、NYで初めて絵が売れた。」と画家の回想にあります。

光が射した中央部に紙吹雪が舞うような画面は、まさに祝祭の雰囲気で「祭り」というタイトルがぴったりのようです。
このシリーズで、大きな作品が10数点描かれました。

前年から同テーマの水彩画を100点描いており、アクションペインティングが流行っていたというだけではなく、周到な準備がされていたようです。








# by kg142 | 2018-11-10 18:00 | アート

10月30日


オノサトの小品の額を新調しました。


c0122967_17264702.jpg
オノサトトシノブ 油彩・キャンバス 10×10cm






c0122967_17265651.jpg
オノサトトシノブ 油彩・キャンバス 10×15cm










# by kg142 | 2018-10-30 17:37 | アート

10月17日


川越祭りの季節になりました。
画廊は祭りの日は休廊ですが、以前に私が撮ったユーチューブを掲載します。
アクセス数も多く、良く出来ていると自画自賛いたしております。

https://youtu.be/Tf1ArWt46x0




c0122967_17140724.jpg
今日は20年ぶりに画家が来場して、未だに倉庫の整理が続いています。
20年前に展覧会をした遠藤先生の作品も、改めて見ると今風の作品と見えます。










# by kg142 | 2018-10-17 17:32 | アート

10月3日



c0122967_16133328.jpg



関根伸夫展は好評の内に終了いたしました。
短い会期ながらも多くの方にご来場いただきまして、当方はエネルギーを頂いたようで、体調がよくなりました。

引き続き会期を延長して展示しております。(不定休)
ただし、新作の水彩・デッサン以外は順次、常設展に移行してまいります。






c0122967_16131514.jpg
磯辺行久 桃山
1964 麻キャンバス・石膏
















# by kg142 | 2018-10-03 16:45 | アート

関根伸夫作品展示風景

c0122967_13520196.jpg



c0122967_13521026.jpg



c0122967_13521986.jpg


今日から「関根伸夫 考える環  新作デッサンと版画」を開催いたします。

手作りハガキで、あまり周知されてはいないと思いますが、当方としては久々のイベントの為時間をかけて片付けて、会場はすっきりといたしました。

今回の展示は、デッサン、版画を主体とした「紙の作品」による展示という位置付けです。


関根伸夫オーラルヒストリー

http://www.oralarthistory.org/archives/sekine_nobuo/interview_01.php
http://www.oralarthistory.org/archives/sekine_nobuo/interview_02.php















# by kg142 | 2018-09-19 14:13

関根伸夫作品のご紹介

c0122967_17214063.jpg
関根伸夫 Phase of Nothingness-Black と同種の彫刻プラン
2018 水彩・他 61×45.7cm






c0122967_17215233.jpg
関根伸夫 サクランボ
1991 位相絵画 GH3 10×14.8cm  





c0122967_17220010.jpg
関根伸夫  華
1987 位相絵画 G6-9 41×31.8cm






c0122967_17242026.jpg
関根伸夫 絵空事-緑の風船
1975 シルクスクリーン 42×35cm  ed.100


デッサンは10点中、5点のみ展示。












# by kg142 | 2018-09-15 17:58 | アート

関根伸夫展 考える環

c0122967_17155238.jpg
関根伸夫先生のデッサンを展示いたします。
彫刻のプロジェクトというテーマは一貫していますが、新作は以前に増してより力強い作品となっています。

都合により、会期は短めですが、ご高覧頂けたらと存じます。



関根伸夫展 考える環
2018年 9月19日(水)-28日(金)
毎週 水・木・金  13:00~18:00 OPEN
新作デッサン・位相絵画・リトグラフ・シルクスクリーン

会期は変則的ですご注意ください

















 



# by kg142 | 2018-09-12 17:58 | アート

9月4日




c0122967_17372022.jpg


台風が次々と来て今日は21号、被害が少ないことを祈るばかりです。
猛暑は9月になって和らいてきました。

オノサトトシノブの黄色い円です。
黄色は風水上良い色とされているようなので、これを展示して当方にも良い運が来ることを願います。











# by kg142 | 2018-09-04 13:08 | アート

散歩

c0122967_15413006.jpg
赤坂(埼玉県)にある公園には一周800Mの散歩コースがあり、すべて木陰になっているのでよく散歩する。
最初は足が重くても、何周かするうちに調子が出てきて、このままいつまででも歩けるような気がしてきます。
(散歩の慣性の法則でしょうか)



以前にNHKBSの”COOL JAPAN”で紹介された大野市に、COCONOアートプレイスという施設ができ、
《キムラリサブロー展 -NYアトリエより-》が開催されています。
その他の展示は、 瑛九、靉謳、オノサトトシノブ、池田満寿夫、北川民次、泉茂・・


COCONOアートプレイス
https://www.city.ono.fukui.jp/kosodate/bunka-rekishi/cocono-artplace/index.html

キムラリサブロー展 -NYアトリエより- (蔵ギャラリー)
https://www.city.ono.fukui.jp/kosodate/bunka-rekishi/cocono-artplace/event/kimurarisaburo.html


# by kg142 | 2018-08-23 16:33 | 散歩

8月9日 戦後美術ベストテン


芸術新潮 1993年2月号に
戦後美術ベストテン が特集されています。

c0122967_16163921.jpg


c0122967_15530181.jpg
評論家、キューレター、ジャーナリスト 30氏のアンケートをもとにベストテンを集計、



c0122967_16171821.jpg
ベスト作家、ベスト作品ともに、関根伸夫先生は、ベスト3内に選ばれています。



c0122967_16173645.jpg
関根伸夫 位相-大地
文字がクリアーに写っていませんが、《位相-大地》は初めて製作した立体作品だった。・・と書かれています。





c0122967_17033556.jpg
関根伸夫 神話や民話から新しく作る
2018年 水彩・コラージュ 鉛筆 61×45.7cm
















# by kg142 | 2018-08-09 17:02 | アート

8月7日 関根伸夫  新作デッサン 



c0122967_17382229.jpg
関根伸夫 「考える環の彫刻」のProject
2018年 水彩 61×45.7cm



現在は以前よりもブログ更新ができずにおりますが、昨年少し体調を崩してから、ますます頭脳が悪くなったことに起因しております。
そこで、いかに関根伸夫先生が偉大な作家であるかをうまく語れません。
私は理科系出身ということもあり、この世界に入るまで関根先生の名前を、まして同じ高校の先輩であることなど全く知りませんでした。
縁あって川越で画廊開いて30数年、同窓ということもあってか当初からずっと取り扱わせていただいております。
身近に交流させていただいてはいても、お世話になるばかりで未だ画商として全く貢献できておりません。いつも作品からヒントを得ているばかりです。

先生は位相絵画の制作と並行して、彫刻の構想をデッサンしているそうです。
位相から空相・・・言葉は変幻自在、まさに天才のひらめき脳というものなのでしょうか。

(つづく)


# by kg142 | 2018-08-07 18:53 | アート