川越画廊 ブログ

11月10日 靉謳 祭り

c0122967_17191454.jpg
常設展示より  靉謳 祭り(中央の絵)

靉謳は1958年渡米して、翌1959年に制作された作品。
当時「ニューヨークではアクションペインングが花盛りで、自分もそれ風の作品を描いたら、NYで初めて絵が売れた。」と画家の回想にあります。

光が射した中央部に紙吹雪が舞うような画面は、まさに祝祭の雰囲気で「祭り」というタイトルがぴったりのようです。
このシリーズで、大きな作品が10数点描かれました。

前年から同テーマの水彩画を100点描いており、アクションペインティングが流行っていたというだけではなく、周到な準備がされていたようです。








by kg142 | 2018-11-10 18:00 | アート