川越画廊 ブログ

<   2018年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

6月29日 草炎


c0122967_17332933.jpg

四方田草炎  菊


c0122967_17334666.jpg

以前に開催した四方田草炎展を、昨年再び予定していましたが、体調不良だったため延期しました。

日曜美術館で取り上げられて、神奈川県立美術館、群馬県立近代美術館、うらわ美術館等に収蔵されております。





by kg142 | 2018-06-29 17:48 | アート

6月27日


1991年の練馬美術館のポスターを撮影しました。

c0122967_12374339.jpg







c0122967_12380245.jpg




展覧会後、ずいぶん経ってから何故か作品が当方に来ました。




 


by kg142 | 2018-06-27 12:46 | アート

6月13日 木版画展示風景


c0122967_17421311.jpg
木版画二人展 展示風景


先日のブログで「女」としていた右側の作品には喉仏があるので、
左が「女」で右が「男」のよです。
どちらでもよいようですが、作者にも聞いていなかったので、思い違いしておりました。
西洋では、喉仏は重要なようです。




c0122967_17423845.jpg
赤祖父ユリ オオツノヒツジ (右壁面に展示中)

最近ヤフーオークションを再開し、この作品を出品しております。
アドレスをクリックするとオークションページを見れます。

オオツノヒツジ のページ
https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/f274306056

川越画廊の現在の出品作品
https://auctions.yahoo.co.jp/seller/kawagoeg






by kg142 | 2018-06-13 18:08 | アート

カテリナ・ドレロと赤祖父ユリ


c0122967_16130386.jpg
カテリナ・ドレロ  女
木版画 1995年 90×90cm apのみ1‐2部



カテリナ・ドレロと赤祖父ユリ は、ともにヨシダヨシエ先生からご紹介いただいた画家だ。

カテリーナは、フィレンツェアカデミアを卒業後、数年教職に就きその後東京芸大に留学して木版画を習得した。
埼玉県小川町に和紙の研修に訪れたのち、当地に在住して20年、現在は故郷イタリアのアンコーナに戻っている。

当方の画廊では、2回の個展を開催している。
カテリーナ・ドレロの最も記憶に残っている展覧会は、鎌倉の吉屋信子記念館で開催された個展である。
和風の建物の玄関、床の間・・などにうまくアレンジして展観された。イタリア文化館のバックアップもあった。

上記の作品は、その時の個展の為に制作され、額装されたものである。
吉屋信子記念館
https://www.city.kamakura.kanagawa.jp/annai/shisetsu/94_yoshiyanobuko.html






c0122967_16132405.jpg
赤祖父ユリ ライオン
木版画 30×40cm ed.50

赤祖父ユリ氏は、1941年東京の生まれだが、赤祖父と言う名前は富山にルーツがあるそうだ。
東京芸大の油彩科を卒業したが、木版画に出会うまで少し時間を要した。
確かにこの作品でも、木版であることで伝わることがあるような気がいたします。

赤祖父木版画集にヨシダヨシエ先生の文章があるので、後日掲載します。

ということで、二人の木版画家の作品を、常設展で展示いたします。(不定休)













by kg142 | 2018-06-06 16:52 | アート

6月2日

 お知らせ

NHK BS1の「COOL JAPAN 発掘!かっこいいニッポン!」で
福井県大野市とアートのことが取り上げられるそうで、
木村利三郎先生の作品が出てくるらしいです。
大野といえば、靉謳先生の地盤でもあるので、靉謳作品も出てくのでは・・


BS1 6月10日(日) 午後6時00分~6時49分

出張COOL JAPAN in 福井
福井は日本一の宝庫なんやざスペシャル

大野市の小学校や街のお店に当たり前のように点在する、有名画家の作品の数々。
大野の人々との芸術家との関わりとは一体何なのか、大野市在住の外国人がリポートする。

https://www6.nhk.or.jp/cooljapan/program/detail.html?pid=180610


https://www.facebook.com/cooljapan.NHK


by kg142 | 2018-06-02 18:03 | アート