人気ブログランキング |

川越画廊 ブログ

<   2019年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

8月23日


c0122967_18012009.jpg
小林ドンゲ  井筒の女  銅版画(ビュラン 他)


記録を見ると 「小林ドンゲ展」は、1990年7月3日~15日 開催している。
この作品はその時の出品作品だから、30年近くも画廊で所蔵しているということになる。
画廊というのは、大変物持ちが良いのである。

展覧会の時にアトリエを訪問したら、家がバラで囲まれていて強く印象に残り、それから10年くらい私もバラにはまって、忙しい中ずいぶんの数のバラを植えたのでした。

ドンゲ先生は1927年のお生まれで、今年92才と言ことになる。
版画レゾネの編集がされているようなので、ビュランの作家として、いよいよ注目されるかもしれない。














by kg142 | 2019-08-23 18:42 | アート

8月6日 靉嘔版画展を見に行った



「上尾モダンアーツプチミュージアム」の開館記念展 「アイオー米寿展」を見に行った。

場所は埼玉県上尾市の住宅街のアパートの1階で、ミュージアムの看板、展覧会のポスターなどもまだ掲示されていないので、戸惑うかもしれない。
ただ 私の古いカーナビでも案内されてので、住宅地としては古いようです。


c0122967_13014006.jpg

フローリングの部屋が3つあり、そのうちの1部屋で「アイオー米寿展」開かれている。
出品点数は30点とのことですが、展示の仕方が自由な感じがいたします。作品の状態はどれもきれいなので、大切にしてきたことが分かります。

館長の古池敏人さんが、案内パンプレットに書かれています。
「・・当館は、2019年に70歳を迎えた私のコレクター人生の集大成として開館しました。・・」
直接お聞きしたことを補足すれば、以下のごとくかと思います。


だいぶ以前に、山形県米沢市に定年後の為に家を購入した。そこにコレクションを運んで展示していた。最初は別荘気分でよかったのだが、距離があり往復が大変になった。冬の管理も大変なので、近年処分して、埼玉県奥武蔵に移転の物件を探したが、若い頃とは違い家族の理解が得られず断念、自宅の近くのこの場所でオープンすることとなった。
所蔵作品は700点、ここ以外コンテナと自宅に収蔵しているそうです。


c0122967_13015943.jpg

上尾モダンアーツプチミュージアム
埼玉県上尾市大谷本郷884 コープメイプルA101
月曜~金曜 12時~18時 要予約 携帯のショートメールでご予約ください。
090-1201-6435(館長 古池敏人)













by kg142 | 2019-08-07 14:22

8月3日 松方コレクション展


版画は基本的には複数芸術であるから、誰かが同じ作品を持っている。
ある人が所蔵している作品を自分も持っているということで、ある種の意識の連帯というか共感というものが生まれる。




c0122967_13285422.jpg
ホイッスラー  ミルバンク  エッチング 1861 10×12.5cm



現在 国立西洋美術館で、松方コレクション展が開催されています。

国立西洋美術館開館60周年記念
松方コレクション展
2019年6月11日(火)~2019年9月23日

ホイッスラーのミルバンクが、松方コレクション展に展示されています。



c0122967_13293786.jpg





by kg142 | 2019-08-03 14:20 | アート