人気ブログランキング |

川越画廊 ブログ

<   2019年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ブブノア Varvara Bubnova (1886-1983) Варвара Бубнова


c0122967_14395729.jpg

Varvara Bubnova (1886-1983) Варвара Бубнова
ワルワーラ・ブブノア  洋館のある道(仮題)  水彩 

 

【ブブノア略歴】
1886 サンクト・ペテルブルクに生まれる。幼少期母方の領地ベルノヴォで過ごし、その自然がブブノアに深い印象を残す。
1913 タトリン、マーレヴィッチらとともに青年同盟の正会員に推挙される。
1914 帝室美術院付属高等美術学校卒業。
1917 二月革命、ロシア国立歴史博物館研究員となる。
1918 妹アンナ小野俊一と結婚日本へ向かう。
1920 カンデンスキー、ステパーノフ、ロトチェンコらの藝術文化研究所に加入。
1921 妹アンナに託した作品が二科会入選。
1922 母と共に妹アンナを訪ねて来日。
1933 国画会(1958まで毎回)、版画協会(58まで毎回)
1947 女流画家展(第1回)、妹アンナと小野俊一宅に住む。
1957 第1回東京国際版画ビエンナーレ招待出品
1958 画業50周年記念版画展(日本橋白木屋)開催。7月日本をたちグルジア共和国スミフに住む。
1966 グルジア共和国功労美術家の称号。
1982 日本政府より勲四等宝冠章が贈られる。
1983 3月28日永眠 スミフに埋葬。
1986 スミフ、レニングラード他で生誕100年展。
1995 町田市立国際版画美術館、宮城県立美術館で「ブブノア展」開催。



妹アンナが小野俊一と結婚して来日、ブブノアもロシア革命を逃れて来日する。
小野俊一は小野洋子の叔父で、洋子はアンナからピアノ、ブブノアから美術を習う。
ブブノアはロシア構成主義をひろめ、村山知義などに影響を与える。

今年 會津八一記念博物館で 【企画展】ブブノワさんの絵画(2019年5月9日(木)~6月16日(日))が開催された。







by kg142 | 2019-08-30 14:42 | アート

8月23日


c0122967_18012009.jpg
小林ドンゲ  井筒の女  銅版画(ビュラン 他)


記録を見ると 「小林ドンゲ展」は、1990年7月3日~15日 開催している。
この作品はその時の出品作品だから、30年近くも画廊で所蔵しているということになる。
画廊というのは、大変物持ちが良いのである。

展覧会の時にアトリエを訪問したら、家がバラで囲まれていて強く印象に残り、それから10年くらい私もバラにはまって、忙しい中ずいぶんの数のバラを植えたのでした。

ドンゲ先生は1927年のお生まれで、今年92才と言うことになる。
版画レゾネの編集がされているようなので、ビュランの作家として、いよいよ注目されるかもしれない。














by kg142 | 2019-08-23 18:42 | アート

8月6日 靉嘔版画展を見に行った



「上尾モダンアーツプチミュージアム」の開館記念展 「アイオー米寿展」を見に行った。

場所は埼玉県上尾市の住宅街のアパートの1階で、ミュージアムの看板、展覧会のポスターなどもまだ掲示されていないので、戸惑うかもしれない。
ただ 私の古いカーナビでも案内されてので、住宅地としては古いようです。


c0122967_13014006.jpg

フローリングの部屋が3つあり、そのうちの1部屋で「アイオー米寿展」開かれている。
出品点数は30点とのことですが、展示の仕方が自由な感じがいたします。作品の状態はどれもきれいなので、大切にしてきたことが分かります。

館長の古池敏人さんが、案内パンプレットに書かれています。
「・・当館は、2019年に70歳を迎えた私のコレクター人生の集大成として開館しました。・・」
直接お聞きしたことを補足すれば、以下のごとくかと思います。


だいぶ以前に、山形県米沢市に定年後の為に家を購入した。そこにコレクションを運んで展示していた。最初は別荘気分でよかったのだが、距離があり往復が大変になった。冬の管理も大変なので、近年処分して、埼玉県奥武蔵に移転の物件を探したが、若い頃とは違い家族の理解が得られず断念、自宅の近くのこの場所でオープンすることとなった。
所蔵作品は700点、ここ以外コンテナと自宅に収蔵しているそうです。


c0122967_13015943.jpg

上尾モダンアーツプチミュージアム
埼玉県上尾市大谷本郷884 コープメイプルA101
月曜~金曜 12時~18時 要予約 携帯のショートメールでご予約ください。
090-1201-6435(館長 古池敏人)













by kg142 | 2019-08-07 14:22

8月3日 松方コレクション展


版画は基本的には複数芸術であるから、誰かが同じ作品を持っている。
ある人が所蔵している作品を自分も持っているということで、ある種の意識の連帯というか共感というものが生まれる。




c0122967_13285422.jpg
ホイッスラー  ミルバンク  エッチング 1861 10×12.5cm



現在 国立西洋美術館で、松方コレクション展が開催されています。

国立西洋美術館開館60周年記念
松方コレクション展
2019年6月11日(火)~2019年9月23日

ホイッスラーのミルバンクが、松方コレクション展に展示されています。



c0122967_13293786.jpg





by kg142 | 2019-08-03 14:20 | アート