人気ブログランキング |

川越画廊 ブログ

9月18日 5年前の長瀞ツアー



現在 埼玉県立近代美術館で、「関根伸夫の資料」と「位相大地の映像」が展示されています。
モノ派アーカイブとして、この資料に多くの人がアクセスして、モノ派研究が進んでゆくことでしょう。

埼玉県立近代美術館
DECODE/出来事と記録-ポスト工業化社会の美術
http://www.pref.spec.ed.jp/momas/?page_id=414




2014年9月 川越画廊30周年記念として長瀞ツアーを開催しました。
何人かと長生館に泊まり、ライン下りなどを楽しみました。
零細画廊としては近場の長瀞が精いっぱいでしたが、今となってみればよい思い出となりました。
その時のスナップです。

c0122967_17404001.jpg
長瀞石畳で、関根伸夫先生と。

私はこの2年後体調を崩し、今はほぼ回復しましたが、タフな先生が今年4月に亡くなられたことは、信じ難いことです。





c0122967_18271562.jpg
よく見ると、笑い顔に気づきました。












# by kg142 | 2019-09-18 18:36 | アート

9月12日 ジャック・ヴィヨン



c0122967_15212707.jpg

ジャック・ヴィヨン 女性の頭部 エッチング 1951年



ジャック・ヴィヨン(Jacques Villon、本名はガストン・エミール・デュシャン(Gaston Émile Duchamp)、1875年7月31日 - 1963年6月9日)はフランスの版画家、画家である。
ジャック・ヴィヨンの名はアルフォンス・ドーデの小説『ジャック』(Jack)と、15世紀フランスの詩人、フランソワ・ヴィヨンに因んで作られた名とされる。
キュビスムを志向した美術家のグループ、「ピュトー・グループ」の一人で、版画作品で知られる。


弟に、美術家のレーモン・デュシャン=ヴィヨンやマルセル・デュシャン、妹にスザンヌ・デュシャン(Suzanne Duchamp)らがいる。
『ウィキペディア(Wikipedia)』参照












# by kg142 | 2019-09-12 15:24 | アート

9月7日 靉嘔 エッチング

c0122967_18543983.jpg
靉嘔 エッチング 1955








# by kg142 | 2019-09-07 18:56

9月1日 小杉武久展





c0122967_14233187.jpg
深谷市のエッグファームに

小杉武久の2019 サウンド・インスタレーション展
を見に行った。



c0122967_14232130.jpg
ロケーションがうらやましい。


前日の日曜日のコンサートは、100人の聴衆が来たそうで、そちらに伺えばよかった。



HALL EGG FARM
http://hall-eggfarm.com/index.html



# by kg142 | 2019-09-03 14:27 | アート

ブブノア Varvara Bubnova (1886-1983) Варвара Бубнова


c0122967_14395729.jpg

Varvara Bubnova (1886-1983) Варвара Бубнова
ワルワーラ・ブブノア  洋館のある道(仮題)  水彩 

 

【ブブノア略歴】
1886 サンクト・ペテルブルクに生まれる。幼少期母方の領地ベルノヴォで過ごし、その自然がブブノアに深い印象を残す。
1913 タトリン、マーレヴィッチらとともに青年同盟の正会員に推挙される。
1914 帝室美術院付属高等美術学校卒業。
1917 二月革命、ロシア国立歴史博物館研究員となる。
1918 妹アンナ小野俊一と結婚日本へ向かう。
1920 カンデンスキー、ステパーノフ、ロトチェンコらの藝術文化研究所に加入。
1921 妹アンナに託した作品が二科会入選。
1922 母と共に妹アンナを訪ねて来日。
1933 国画会(1958まで毎回)、版画協会(58まで毎回)
1947 女流画家展(第1回)、妹アンナと小野俊一宅に住む。
1957 第1回東京国際版画ビエンナーレ招待出品
1958 画業50周年記念版画展(日本橋白木屋)開催。7月日本をたちグルジア共和国スミフに住む。
1966 グルジア共和国功労美術家の称号。
1982 日本政府より勲四等宝冠章が贈られる。
1983 3月28日永眠 スミフに埋葬。
1986 スミフ、レニングラード他で生誕100年展。
1995 町田市立国際版画美術館、宮城県立美術館で「ブブノア展」開催。



妹アンナが小野俊一と結婚して来日、ブブノアもロシア革命を逃れて来日する。
小野俊一は小野洋子の叔父で、洋子はアンナからピアノ、ブブノアから美術を習う。
ブブノアはロシア構成主義をひろめ、村山知義などに影響を与える。

今年 會津八一記念博物館で 【企画展】ブブノワさんの絵画(2019年5月9日(木)~6月16日(日))が開催された。







# by kg142 | 2019-08-30 14:42 | アート

8月23日


c0122967_18012009.jpg
小林ドンゲ  井筒の女  銅版画(ビュラン 他)


記録を見ると 「小林ドンゲ展」は、1990年7月3日~15日 開催している。
この作品はその時の出品作品だから、30年近くも画廊で所蔵しているということになる。
画廊というのは、大変物持ちが良いのである。

展覧会の時にアトリエを訪問したら、家がバラで囲まれていて強く印象に残り、それから10年くらい私もバラにはまって、忙しい中ずいぶんの数のバラを植えたのでした。

ドンゲ先生は1927年のお生まれで、今年92才と言うことになる。
版画レゾネの編集がされているようなので、ビュランの作家として、いよいよ注目されるかもしれない。














# by kg142 | 2019-08-23 18:42 | アート

8月6日 靉嘔版画展を見に行った



「上尾モダンアーツプチミュージアム」の開館記念展 「アイオー米寿展」を見に行った。

場所は埼玉県上尾市の住宅街のアパートの1階で、ミュージアムの看板、展覧会のポスターなどもまだ掲示されていないので、戸惑うかもしれない。
ただ 私の古いカーナビでも案内されてので、住宅地としては古いようです。


c0122967_13014006.jpg

フローリングの部屋が3つあり、そのうちの1部屋で「アイオー米寿展」開かれている。
出品点数は30点とのことですが、展示の仕方が自由な感じがいたします。作品の状態はどれもきれいなので、大切にしてきたことが分かります。

館長の古池敏人さんが、案内パンプレットに書かれています。
「・・当館は、2019年に70歳を迎えた私のコレクター人生の集大成として開館しました。・・」
直接お聞きしたことを補足すれば、以下のごとくかと思います。


だいぶ以前に、山形県米沢市に定年後の為に家を購入した。そこにコレクションを運んで展示していた。最初は別荘気分でよかったのだが、距離があり往復が大変になった。冬の管理も大変なので、近年処分して、埼玉県奥武蔵に移転の物件を探したが、若い頃とは違い家族の理解が得られず断念、自宅の近くのこの場所でオープンすることとなった。
所蔵作品は700点、ここ以外コンテナと自宅に収蔵しているそうです。


c0122967_13015943.jpg

上尾モダンアーツプチミュージアム
埼玉県上尾市大谷本郷884 コープメイプルA101
月曜~金曜 12時~18時 要予約 携帯のショートメールでご予約ください。
090-1201-6435(館長 古池敏人)













# by kg142 | 2019-08-07 14:22

8月3日 松方コレクション展


版画は基本的には複数芸術であるから、誰かが同じ作品を持っている。
ある人が所蔵している作品を自分も持っているということで、ある種の意識の連帯というか共感というものが生まれる。




c0122967_13285422.jpg
ホイッスラー  ミルバンク  エッチング 1861 10×12.5cm



現在 国立西洋美術館で、松方コレクション展が開催されています。

国立西洋美術館開館60周年記念
松方コレクション展
2019年6月11日(火)~2019年9月23日

ホイッスラーのミルバンクが、松方コレクション展に展示されています。



c0122967_13293786.jpg





# by kg142 | 2019-08-03 14:20 | アート

7月26日



埼玉近美で開かれる秋の企画展に関連して、今年亡くなられた関根伸夫先生のことが、取り上げられています。


埼玉県立近代美術館
広報紙ソカロ、PDF形式
http://www.pref.spec.ed.jp/momas/?action=multidatabase_action_main_filedownload&download_flag=1&upload_id=6398&metadata_id=74





c0122967_18291959.jpg
関根伸夫 位相 リンゴ  リトグラフ


関根伸夫先生は、今年2019年5月14日亡くなられました(日本時間)。(76歳)
菅井汲先生は、1996年5月14日に亡くなっています。(77歳)
(二人は命日が同じ)


関根先生は早くして亡くなったと思いましたが、菅井汲先生の時は、それほどにも思われなかったのは、
自分の年齢との差が関係しているようにも思えます。











# by kg142 | 2019-07-26 18:35 | アート

7月18日 馬場檮男



c0122967_17470524.jpg
馬場檮男 ピエロと土偶  1991年 24.5×20cm

檮男(かしお)という名前は、北原白秋が命名したと先生から聞いたことがあります。
当時、版画家が突然このような作品を制作されたのには驚きました。(30年前)
(石膏で下地を作り、箔と水彩で仕上げる)

時間がたって、金箔が流行って、まさに作品が輝いて見えてきます。













# by kg142 | 2019-07-17 18:10 | アート

オノサトトシノブ

c0122967_18363906.jpg
オノサトトシノブ 10×10cm  一部の壁面に展示しました。










# by kg142 | 2019-07-13 18:46 | アート

木村利三郎展  島州一展 のご案内



現在 木村利三郎展と島州一展が開催されています。
(画像は、出品作品ではありません。)




c0122967_18302381.jpg


(企画展)
ニューヨークに学んだ画家たち―木村利三郎を中心に
2019年6月27日(木)~8月4日(日)

會津八一記念博物館
https://www.waseda.jp/culture/aizu-museum/
https://www.waseda.jp/culture/aizu-museum/news/2019/04/16/2561/







c0122967_18240928.jpg
企画展 
追悼 島州一 展
2019年6月29日(土)~9月6日(金)

須坂市版画美術館
http://www.culture-suzaka.or.jp/hanga/

スライドショー
https://youtu.be/sHzAu4ZaRNQ








# by kg142 | 2019-07-03 18:26 | アート

6月29日 岩崎勝平


c0122967_16004726.jpg

岩崎勝平 兄弟
1933年 油彩・板 4号


岩崎勝平は、1905年川越に生まれ、1964年東京オリンピックの年に亡くなっています。この絵は、実の弟たちを描いた作品で、そのうちの一人のシールが裏面に貼られています。

59歳の生涯の中で、いつから独特のサインをしたのかわかりませんが、当方所蔵の中で、サインのある作品は少なく貴重なものです。

この作品を今回、ヤフーオークションに出品しています。

現在 出品すると、質問欄に英文で「ナイジェリア詐欺」というものが来る場合があります。
質問に答えないのは、それとご理解ください。
通常の質問にはお答えしています。



オークションのページ



岩崎勝平
の文字をクリックすると、ウィキペディアにリンクします。




# by kg142 | 2019-06-29 14:58 | アート

6月19日  瑛九とオノサトへのオマージュ ?






c0122967_17290892.jpg



右の作品は、1959年靉嘔渡米直後に、ニューヨークで描かれた。床にキャンバスを広げ絵の具をぶちまけて、当時ニューヨークで盛んだった、アクションペインティングで描かれた作品である。

1959年は、瑛九が最後のエネルギーを注いで、数々の代表的な点描作品を描いた年でもある。

瑛九とオノサトトシノブは、互いに宮崎と桐生を行き来し、深い交流があった。

オノサトトシノブの生涯の代表的作と言われる「べた丸」の作品は、1959年にピークに達し、瑛九没後1960年から描かれていない。

左の円の作品は、1958年靉嘔が渡米直前に、第10回アンデパンダン展に出品した作品である。
過去5回のアンデパンダン展出品作は、いずれも具象作品で(1956年には「田園」)、第10回のみ抽象作品であった。















# by kg142 | 2019-06-19 17:49 | アート

脇田美術館と軽井沢NEW ART MUSEUM


軽井沢の脇田美術館で相原求一朗展が開かれていたいる。
巡回展最後の展示ということである。



相原求一朗の軌跡 大地への挑戦

2019年6月2日(日)~7月15日(月・祝)
脇田美術館
http://www.wakita-museum.com/top.html
http://www.wakita-museum.com/event/index.html



先日紹介した「軽井沢NEW ART MUSEUM」と「脇田美術館」は、200メートル位しか離れていない。(たぶん・・)
相原展のついでに、靉嘔展もご覧になってはいかがでしょうか。
今回の靉嘔展は、ほぼ作家所蔵の作品のみで構成されているが、私としては過去に見た靉嘔展の中で、最も良い展示と思うからです。
東京都現代美術館での展示は、物量がありすぎて、疲れてしまった感がありました。

今回の展示は、作品選定と展示構成が、靉嘔の各時代をわかりやすく追っていることと、エンターテインメントもちゃんと感じさせるようになっています。ただカタログがないというのが残念でした。
c0122967_17512217.jpg
靉嘔展
2019年03月16日 - 2019年06月30日
「軽井沢NEW ART MUSEUM」
http://knam.jp/








# by kg142 | 2019-06-07 18:28 | アート