川越画廊 ブログ

3月31日 高麗神社の桜



c0122967_17333909.jpg
画廊前の通り、最近は観光の為に年中イベントをしている。

今日は大事な荷物を、運送会社の営業所まで受け取りに行った。(交通規制)

そのついでに、高麗神社の桜を見に行く。



c0122967_17335552.jpg
一昨年暮にハイキングの後に、この神社に参拝し、数日後体調を崩した。

何か意味は分からないが、体調が回復したことを神様に報告した。









# by kg142 | 2018-03-31 17:55 | 散歩

3月28日

c0122967_15142618.jpg
金沢健一 層  鉄 2008


作家の人にも親しまれた松華飯店が閉店した。

一方 埼玉県の35の酒を試飲できる施設ができたり、時の鐘の近くにスターバックスができたそうです。

(川越の話題です)














# by kg142 | 2018-03-28 15:36 | アート

3月20日

c0122967_18091033.jpg

高橋典明  作品 アクリル 2016 33×24cm



版画センターのスタッフだった人と待ち合わせて、埼玉県立近代美術館に「現代版画センターの軌跡」を見に行く。

30年ぶりの再会でも、シティーボーイの雰囲気はそのままだった。

展覧会場に入ると、一緒に地方の街に行ったことなど、記憶が蘇ってきた。
スライドで福岡のウォーホル展が紹介されていたが、福岡まで作品を搬入したのはBさんだそうです(失念していました)。

もともと美学校の出身でもあり、ずっと美術関係の仕事をしてきたそうです。

展示風景は、リトやシルクのカラフルな作品が中心で、深刻そうな雰囲気の作品が少ないのでさらっと鑑賞できて、印象は良いのではないかと思った。


版画の景色 現代版画センターの軌跡
埼玉県立近代美術館
http://www.pref.spec.ed.jp/momas/?page_id=362











# by kg142 | 2018-03-20 18:06 | アート

3月17日 寺田政明 池袋モンパルナス

c0122967_15124825.jpg
寺田政明 海近き漁村 油彩 20P 1972


1979年板橋区立美術館がオープンした年に、寺田政明回顧展が開かれています。
この作品は同カタログにNo,80として掲載されています。

c0122967_15130365.jpg



c0122967_15134203.jpg
左端:寺田政明、左から二人目:小熊秀雄 (1930年代 池袋モンパルナスにて)




c0122967_15132885.jpg
小熊秀雄  (仮題)ジャイアント  水彩・裏彩色 1938頃


 (1938年6月に)
《古谷に連れられて、電燈線が料金未払のため切断されて、夜はローソクのもとで詩を書いているというこのダダイストのアパートの一室を訪れた。
彼は家具らしいものは机一つの部屋で、ゆったりとして、皮肉交じりのユーモアをたたえてぼくたちを迎え、彼のデッサンを見せてくれた。小さなスケッチ・ブックにペンで裸婦や風物をかいたもので、むき出しの感じが出ていた。不透明水彩画がぬってあるのは10円、単色は2円だという。
20円ほど支払うと、彼はフランスの画家はみなこうするのだと言いながら、売れたデッサンにペンでローマ字の署名をして、いくぶん満足そうな表情でそれらをぼくに手渡した。・・》 (版画収集の魅力)久保貞次郎著 より

この文章からすると、この時購入したカラーの作品は1点のみで、これ以降に購入がないとすれば、上記の作品がその時のものということになる。

ちなみに、久保貞次郎がその前年に、瑛九から購入したフォトデッサン集「眠りの理由」は1セット10円であった。(久保が3セット購入)
















# by kg142 | 2018-03-17 17:43 | アート

北川民次 池袋モンパルナス

  

北川民次
1894(明27)静岡県生まれ。1914(大3)渡米。1919(大8)NYのアート・スチューデンッ・リーグに学ぶ。
1923(大12)メキシコに移る。



c0122967_16524326.jpg

北川民次 メキシコの鉱山  1935年 
(メキシコ時代の作品)


1936(昭11)帰国。(42才) 静岡県にしばらく滞在の後、愛知県瀬戸市の妻の実家に身を寄せる。
この時、瀬戸風景の連作を描く。



c0122967_16530706.jpg
北川民次 瀬戸風景 ガッシュ 1936-37 


1937(昭12)8月 上京して豊島区長崎仲町に住む。(池袋モンパルナスの時代)



c0122967_16534752.jpg
北川民次 都会風景 ガッシュ 1937(池袋の風景か)


1938(昭13)6月 久保貞次郎が北川民次を初めて訪ねる。(小熊秀をに連れられて)





c0122967_16523012.jpg


小熊秀雄 給水塔のある風景 ペン 1938以前


《1938夏 久保貞次郎がアメリカを回ってヨーロッパへ児童画の交換に行く計画を立てると、瑛九がそれなら北川民次に会ってゆくべきだとすすめてくれた。
・・誰かこのメキシコの児童画教育者を知っている人はと捜したところ、・・小熊秀雄が連れて行ってくれるという情報を伝えてくれた。  》
 (版画収集の魅力)より



1943(昭18)瀬戸市安土町に移る。




現在 板橋区立美術館で、池袋モンパルナスの展覧会が開かれています。


東京⇆沖縄
池袋モンパルナスとニシムイ美術村
2018年2月24日(土)~4月15日(日)

http://www.itabashiartmuseum.jp/













# by kg142 | 2018-03-14 18:08 | アート

3月7日 インベーダー

c0122967_17085156.jpg
大沢昌助 インベーダー 油彩 1977 97×128cm


「インベーダー」 これは当時SF映画や小説で馴染みとなった異星からの侵略者の表現であるが、15世紀イタリア・フェレンツィの画家パウロ・ウッチェロの代表作である戦闘集団の一部をそっくり現在(未来?)に移しかえて作ったものだ。・・
・中略・・大沢さんの「本歌取り」はまことに楽しげで屈託がない。
《現代美術 夢のつづき(冬青社)安福信二のエッセイから抜粋》

上の文章を見て「本歌取り」という表現に興味を覚えた。
しばしば大沢絵画が、古典を引用したり研究したりする手法を、こう表現するのは的を得ているかもしれない。
(画像は他の画集から転載)

















# by kg142 | 2018-03-07 17:42 | アート

2月27日 

c0122967_12200373.jpg
秋山祐徳太子  春のエンペラー 


国会が働き方改革で迷走していますが、もとは電通社員の過労死自殺から残業規制となったわけです。
ある時間が来るとパソコンの電源を落とすとか・・ニュースになっていましたが、よくよく考えると企業の側では残業をしてもらわないと困るので、働き方改革となったのでしょうか。

事情はともかくとしても、働き方改革というのは良いネーミングいう気がします。

個人事業主(個人商店)は、休日もないと言こともよくあることです。
裁量労働制といってもルーチンワークが多く、時間でかせぐという面があります。
定年70才という時代、個々人で改革しないと身が持ちません。

私も体力がある方でもないので、1年でも2年でもじっくりと働き方改革をして、人生100年時代の準備をしたいと思う今日この頃であります。












# by kg142 | 2018-02-27 14:45 | アート

蝋梅



c0122967_13004940.jpg
毎年この時期散歩で見る 蝋梅 の花






# by kg142 | 2018-02-21 13:03 | 散歩

2月16日

c0122967_13582515.jpg
大浦信行の展示
額は付けず、マグネットで展示中

しばらくは、大浦信行とコレクションの常設 といたします。
展示が中途半端になってしまいますので、殿敷侃は4月以降といたします。










# by kg142 | 2018-02-16 14:04 | アート

2月9日

  

c0122967_16113470.jpg
大浦信行 natural history 1979-81
パステル・シルク・コラージュ  36.5×27.5cm

2-3月 特集展示 大浦信行のドローイング


ようやく決算が終わり、通常のペースに戻りつつあります。
これからは花粉症ともうすぐ桜の時期です。
例年まだかまだかと待ち遠しいのが桜、たいてい天気が悪くまた、すぐに散ってもしまいます。

大浦信行ウィキペディア抜粋
1949年に富山県で生まれた[2]。1971年國學院大學を卒業し、ケニヤ画廊にて個展を行った[2]。1972年、24歳で8mm映画製作を開始した[3]。また、プリントアートギャラリーにて個展を行った[2]。1973年、ジャパン・アート・フェスティバルに出展した[2]。その後1976年から1986年にかけてニューヨークに滞在し、その内7年間は荒川修作の元で助手を務める[3]。1977年リュブリアナ国際版画ピエンナーレに出品した。1978年クラコウ、ノルウェー、フレッヘンの各国際版画ピエンナーレ、ブルノ国際グラフィックデザインピエンナーレに出品した[2]。針生一郎と出会う[4]。1984年東ベルリンのインターグラフィック'84、東京のギャラリー山口で個展を行った[2]。1985年リュブリアナ国際版画ピエンナーレ、エンバ美術賞展、また栃木県立美術館の1985年日本の版画に出品した[2]。






# by kg142 | 2018-02-09 16:30 | アート

2月7日 関根伸夫 



c0122967_15344062.jpg

関根伸夫 境界 リトグラフ 1976 50×37.5cm ed.45



川越画廊は、1984年4月に関根伸夫展でオープンしました。

当方のオープン前に茨城県つくば市で「関根伸夫展」が開かれるということで、勉強の為にと関根先生に言われ出かけました。
根本健一さんの自宅、長屋門、庭に関根伸夫の立体、平面を展示したものでした。

その後交流は続いていましたが、 圏央道の開通を記念してということで、先般来廊頂きました。
今回「旧根本家住宅」が国の有形文化財になったそうです。

根本さんは、いろいろのことをされていて、「ルーラル吉瀬」のHPを見て頂ければ分かります。

ルーラル吉瀬
http://www.rural.gr.jp/
つくば文化郷、キャンプ場、ブルーベリー園 など

つくば市も30年で都市化したと思われるので、事業が里山の維持に役立っていることと思います。

ルーラル吉瀬と川越画廊は設立の年が同じということになりますが、規模は少し違うかもしれません。
ただメンタル的には、共通するものを感じます。
つくばのOBの方も、ついでの折にルーラル吉瀬にも寄られると良いかもしれません。









# by kg142 | 2018-02-07 13:19 | アート

寒い日が続きます




画廊創業のころは現在と違う場所に画廊があって、その近くの交差点の向かいに、吉田商会という自動車部品を扱う会社があった。
マフラーなどを街の修理屋さんへ卸す会社で、その社長が吉田嘉七さんといい、画廊の最初の常連さんになった方だった。

後で知ったことだが、吉田さんは詩人でもあり「ガダルカナル戦詩集」を出している。
吉田さんの奥様の妹さんが、一時事務を手伝っていて、品川さんといい都内から通っていた。(嘉七さんも新宿から通っていた)
品川さんのご主人が品川清という方で、「版画友の会」で知られた方だった。

それで「版画友の会」の方が来廊してくださるようになった。

回りくどい話になりましたが、すべて何か運に導かれて、画廊を続けてこられて様に思います。
いろいろな出会いを、時々記して行けたらと思います。

吉田加南子さんは嘉七さんの長女で、吉田商会を継いだ次男の吉田隆さんは先年、私と同年で亡くなってしまった。
品川清さんは、亡くなるまで毎月電車を乗り継いで、画廊に来ていただきました。


*「版画友の会」は美術出版社が作り、その後会員がNHK内で続け、90年代まで続いた。
池田満寿夫、駒井哲郎なと著名な版画家にオリジナル版画の制作を依頼し、会員に頒布した。








# by kg142 | 2018-02-02 17:54 | アート

1月26日

c0122967_16412025.jpg
殿敷侃 (カギの影)銅版画














# by kg142 | 2018-01-26 16:55 | アート

1月19日 

c0122967_18015602.jpg
オノサトトシノブ 抽象
鉛筆 1954年頃 27×38cm 



川越市出身の小村雪岱の展覧会が開かれています。

生誕130年 小村雪岱 ― 「雪岱調」のできるまで
2018年1月20日(土曜)~3月11日(日曜)
川越市立美術館
https://www.city.kawagoe.saitama.jp/artmuseum/tokubetutenji/toku-index.html







# by kg142 | 2018-01-19 18:09 | アート

吟行手帳

c0122967_16375995.jpg
習志野




c0122967_16374067.jpg
瑛九 吟行手帳 
1938(昭和13)頃  13.5×9.5cm 
水彩画9点 俳句3点 

瑛九の貴重な「吟行手帳」です。


 








# by kg142 | 2018-01-11 16:46 | アート