川越画廊 ブログ

タグ:オノサトトシノブ ( 27 ) タグの人気記事

11月10日 靉謳 祭り

c0122967_17191454.jpg
常設展示より  靉謳 祭り(中央の絵)

靉謳は1958年渡米して、翌1959年に制作された作品。
当時「ニューヨークではアクションペインングが花盛りで、自分もそれ風の作品を描いたら、NYで初めて絵が売れた。」と画家の回想にあります。

光が射した中央部に紙吹雪が舞うような画面は、まさに祝祭の雰囲気で「祭り」というタイトルがぴったりのようです。
このシリーズで、大きな作品が10数点描かれました。

前年から同テーマの水彩画を100点描いており、アクションペインティングが流行っていたというだけではなく、周到な準備がされていたようです。








by kg142 | 2018-11-10 18:00 | アート

10月30日


オノサトの小品の額を新調しました。


c0122967_17264702.jpg
オノサトトシノブ 油彩・キャンバス 10×10cm






c0122967_17265651.jpg
オノサトトシノブ 油彩・キャンバス 10×15cm










by kg142 | 2018-10-30 17:37 | アート

9月4日




c0122967_17372022.jpg


台風が次々と来て今日は21号、被害が少ないことを祈るばかりです。
猛暑は9月になって和らいてきました。

オノサトトシノブの黄色い円です。
黄色は風水上良い色とされているようなので、これを展示して当方にも良い運が来ることを願います。











by kg142 | 2018-09-04 13:08 | アート

1月19日 

c0122967_18015602.jpg
オノサトトシノブ 抽象
鉛筆 1954年頃 27×38cm 



川越市出身の小村雪岱の展覧会が開かれています。

生誕130年 小村雪岱 ― 「雪岱調」のできるまで
2018年1月20日(土曜)~3月11日(日曜)
川越市立美術館
https://www.city.kawagoe.saitama.jp/artmuseum/tokubetutenji/toku-index.html







by kg142 | 2018-01-19 18:09 | アート

11月24日 




c0122967_17081714.jpg

オノサトトシノブ  波動の円
油彩・キャンバス 1973















by kg142 | 2017-11-24 17:13

10月13日


c0122967_1632247.jpg

オノサトトシノブ シルク28 1969  30×30cm ed.160
普通中心に基本となる一つの円が描かれているが、この作品のようなパターンは珍しい。



オノサトトシノブ展は盛況のうちに終了しました。会期中はオノサトの版画を摺られていた岡部徳三さんをご存知の方が、何人か来られました。
岡部さんが亡くなられて10年、オノサトが亡くなって30年、10年が早いと思われるとともに、遠い昔のようでもあります。
何事も少し前のものが一番古臭く、一時代を経ると新鮮に新しく見えるということなので、まさにオノサトは今、新鮮に見られています。

来年もまた、オノサトトシノブ展を開催いたします。



今朝はパソコンが立ち上がらず画面が真っ黒なままで、大変なことになったかと思いました。
ふたを開けて掃除したり、ボタン電池を換えたり・・悪戦苦闘6時間、ブログが書ける状態まで回復しました。

10年物のVISTAパソコンを使っているのは、HPソフトが8.1や10に対応していないためです。
もしも長らくHPが更新されないような場合は、パソコンの事情ということでご理解ください。


先日 アイフォンではHPのボタンが見えないということをお客様よりご指摘いただき、
HPの表紙の下部にもブログにリンクするボタンを設置いたしました。











川越画廊のホームページ
by kg142 | 2016-10-13 17:12 | アート

9月30日

c0122967_12146.jpg

油彩・キャンバス 10×10cm 1979年




オノサトトシノブは外出することはほとんどなく、毎日 朝アトリエに入り、終日キャンバスに向かい描き続けたという。

大作は制作に数週間あるいは数ヶ月を要するので、なかなか完成の達成感が得られない。

そこで、ミュニアチュールを描いて精神のバランスをとり、集中力を維持していたのではないだろうか。

オノサトの作品は大作も小品も同じ集中力で端正に描かれていて、手抜きしたものがない。

またそれらは、マスキングなどせずにすべてフリーハンドで描かれている。

多くの人が60年代の油彩・水彩に手作り感を感じるというのは、絵柄や絵具の変化もあるが、70年代以降により技術が熟達したことにもよるかも知れない。

70年代以降もあくまで手作りであり、よりピュアーで現代的な作品になっている。

戦後抽象美術のスタンダードでありながら、古びず愛らしく、多くを語らず、手元で愛でたくなるような作品は、あまりない気もいたします。
by kg142 | 2016-09-30 17:58 | アート

オノサトトシノブ展





オノサトトシノブ 展
Onosato 油彩・ミニュアチュール
2016 9月28日(水)-10月12日(水) 
12:00-19:00 open  日・月 休み

'70~'80年代の10×10cm油彩14点、海の石'52(タケミヤ画廊個展)ほか 

by kg142 | 2016-09-27 17:49 | アート

9月21日 



c0122967_1451024.jpg



今年は台風の当たり年で山行もままなりませんが、連日の雨でオノサト展の手作りハガキのインクが滲んでいましたら失礼いたしました。

発送した枚数も少なく、手作りハガキは節約というよりも、手軽さと好みによるものです。

額装が出来上がらないものを除き、壁二面に展示しましたが、都合もあり会期までご覧いただけません。
よろしくお願いいたします。
by kg142 | 2016-09-21 14:51 | アート

9月3日 オリーブ

c0122967_15590386.jpg

オリーブに2-3個実がついた。


来場者に、特に質問されないと展示作品の説明をしないので、どういうものかわからないと思います。
ヤフオクに出品すると、経歴なども書くので、わかり易いのではないか、ということで出品しました。






今日は中村正也の写真

c0122967_16135596.jpg




岩崎勝平の作品も出品しています。
c0122967_16144503.jpg




ヤフーオークションの川越画廊のページ
http://sellinglist.auctions.yahoo.co.jp/user/kawagoeg?userID=kawagoeg&ngram=1
















by kg142 | 2016-09-03 16:29 | ガーデン