人気ブログランキング |

川越画廊 ブログ

タグ:靉嘔 ( 64 ) タグの人気記事

5月31日 最終日



今日が靉嘔展最終日です。
来場者は最後に少し伸びたように思えます。
回を重ねるごとに周知されて行く面もあるので、見飽きたという方もあるかもしれませんが、来年も再び開催いたします。
次回は、ミニアチュールのドローイングを大きな作品と合わせて展示する予定です。





前回の続き
1966年ベニスビエンナーレでレインボーエンヴァイラメントを発表、虹の画家として大きな話題となる。
このころから版画制作を本格化。70年代以降日本国内の版画ブームと相まって、虹の版画家として有名になる。
虹の発見以来、描くのをやめてすべてを虹でカバーするというコンセプトは、現在に至る長い虹の時代にどのように貫かれているのか。
ゴーギャン、ルソー、浮世絵・あるいは写真などを虹でカバーするのはよしとして、動物、レインボーマン&ウーマンなどには独自の形態があるようにも見える。
版画に関しては、色の入った原画があるわけではなく、多くを摺り師の裁量にゆだねている点で描いていないと言えるかもしれない。
多くの既存の形態を虹でカバーしている点で、靉嘔がポップアーチストと呼ばれるのか。
つづく。


昨年来日され、今秋も帰国巡回展を予定されていました木村利三郎先生が、5月14日ニューヨークのアトリエで亡くなられました。89歳。
by kg142 | 2014-05-31 19:36 | アート

5月24日

c0122967_1418518.jpg

tea house 1959-61

c0122967_14405267.jpg

眠りの理由 1962 (アルミの作例、ハイドラと関係なし)


前回の続き
穴を開けたキャンバスを立てかけて置いたら、組み合わせて部屋を作る着想を得て 茶室を作る。
次は素材をアルミにして周り灯籠ような「ハイドラ」となる。
茶室以後の作品をアブストラクトに対する言葉としてコンクリートアートと呼んだ。
60年にオノヨーコを知り、オノを介してジョン・ケージ、アラン・カプロ―、イサムノグチらと出会う。
当時偉大なオーガナイザーであったオノのロフトでの個展を断ると、AGギャラリーへ連れて行った。


c0122967_15121920.jpg

後年の靉嘔、オノ、エメット


62年の2月か3月、そこでジョージマテューナスと初めて出会った。
ここでの9月の個展が決まったが、ジョージの失踪で実現せず。
62年9月12日-10月7日NY初個展 ゴードンズフィフスアベニューギャラリー
tea house ハイドラ ギロチン (このころからこれらをエンヴァイラメントと呼んだ)
個展で知り合った人からウレタンを大量にもらう。

64年ジョージマチューナスがNYに戻り、キャナルストリートに靉嘔の協力でFLUXUSショップを開く。
(FLUXUSではギャラリーをショップと呼ぶ) 先のウレタンをBoxに入れたフィンガーボックッスをショップに並べた。

少し戻って虹の作品、
イリュージョンとアブストラクトを拒否すると色だけ残るということで、ゴードンギャラリーの会期中に虹の作品が生まれる。その後ウレタンが運び込まれ、虹とウレタンとエンヴィラメントが同時進行となる。
かくしてレインボーエンヴィラメントの誕生である。
 (もう少し続く)
[これらは 虹の彼方に(美術手帳1986年9月号-88年6月号)から多くを取材しています。]





展示作品から
c0122967_18291260.jpg

靉嘔  水彩・紙 軸装 制作年不詳  134×56cm






一昨日京橋のLIXILギャラリーでブルーノ・タウト展を見ました。
ヴァルヴァラ・ブブノアがタウトの通訳をしていたと言われていますが、会場でタウトとブブノアが一緒に写った写真を発見しました。
ブブノアとオノヨーコはつながりがあります。
http://japanese.ruvr.ru/2013_02_18/105231594/



c0122967_1919031.jpg

ブブノア 花 リトグラフ・手彩  41×33cm

ワルワーラ(ヴァルヴァラ)・ブブノア
1886.5.17(明治19)~1983.3.28(昭和58)
昭和期の美術家、画家、ロシア文学者
 サンクトペテルブルク出身。小野アンナの姉。語学と文芸を愛好する貴族階層出身の母親の影響で少女時代からピアノと美術を学ぶ。 1907(M40)ロシア・ロマノフ王朝直属のペテルブルグ帝室美術アカデミーに入学し高度な教育を受けた。 '14卒業後は美術教師となり、またモスクワの博物館において研究員を務めた。ロシア革命前後から、「ロバのしっぽ」同人としてロシア・アヴァンギャルド美術部門の振興に加わった。 ソ連建国後は、美術研究所の講師や学芸員を務めながら、地道に制作活動を続けていた。 この時期は、芸術上の導き手でもあった恋人マートヴェイが急逝し、直後に父も他界した。 '21アンナにより二科展に出展された油絵が入選作品となったのを機に、'22(T11)母親を連れて来日。以後36年間日本で過ごす。  '24~'37早稲田大学文学部、'27~'45東京外国語学校でロシア語講師に就き、ロシア文学を日本に伝える上で大きな貢献をした。 '27(S2)在日の白系ロシア人のゴローフシチコフと結婚し20年余を仲睦まじく暮らすものの子供に恵まれず、また戦時中は軽井沢に強制移住をさせられ、'47夫に先立たれる。 '46早稲田大学にロシア文学科が再開('37で一時閉鎖)されると教壇へ復帰した。 '55北海道大学の夏期講座を主宰、'56日ソ学院のロシア語・ロシア文学講師を歴任。「思想」や「中央公論」誌上でロシア構成主義理論を紹介するなど活動し、日本のロシア語ロシア文学の「母」と親しまれ、教え子には作家の五木寛之など多数いる。 もともと油彩画家だったが、来日して日本の新興画壇と交流を深めるうち、版画やリトグラフに表現の可能性を見出すようになった。 戦後には、棟方志功主宰の日本版画院にも参加。またアンナの元夫である小野俊一の居に住まわせてもらっていたこともあり、俊一の翻訳本の挿絵画家、装丁家として何度か活動をともにした。
 '58小野俊一が没したことを機に、同年催された日本橋の白木屋においての「画業50年記念展」を最後に、日本での職を退き、アンナをともなってソ連に帰国した。 帰国後は、グルジアのスフミに居を構え、'59ソ連美術家同盟会員として制作活動を始め、各地で個展を開いた。 '79アンナがスフミにて他界すると、レニングラードに移転し、余生を送った。 '81生誕90周年記念展覧会がレニングラードで催され、'82日本政府より勲四等宝冠賞を賜った。享年96歳。
by kg142 | 2014-05-24 18:33 | アート

靉嘔展




c0122967_19224519.jpg

宇宙 1958年 120号    右 祭Ⅰ  1959年  120号

「第10回読売アンデパンダン展」1958年2月4日-3月27日に「宇宙」を出品。同年5月19日渡米。



c0122967_1923426.jpg

渡米後一年かけて「アニメイテッドペインティング」と呼ぶ和紙に描いた作品を100点描いて、画廊を回るが思うような評価を得られず、当時全盛のアクションペインティングのような作品を描く。(上の 祭Ⅰ)
その内の一点が500ドルで売れる。



c0122967_19243840.jpg

出口なしのアクションペインティング、人真似はなし100%独創でなければならないと、それまでの作品に無意識に×(バツ)を付ける。拒否という意味を込めて・・
しかしやがて × という字の作品に生まれ変わり、美しい×を描こうとする。しかしそれは間違いなのだ。

手で描くからいけないのだと、流木を打ちつけて×にするとより重厚な作品となってしまう。


c0122967_1925688.jpg

拒否を示すのに、バツがだめなら焼いてしまえばよいということで、×をつけたあたりをバーナーで焼いて穴の作品となる。(この画像とは少し異なりますが)
つづく





以下は初期のリトグラフです。
c0122967_19253495.jpg





c0122967_19255345.jpg





c0122967_1926942.jpg








川越画廊のホームページ
by kg142 | 2014-05-13 19:40 | アート

靉嘔展 展示





c0122967_167873.jpg

狭い画廊スペースでどのようにアレンジしても限界がありますが、同じ大きさの版画を展示したこの壁はきれいな展示となりました。


c0122967_1682972.jpg




c0122967_168476.jpg






川越画廊のホームページ
by kg142 | 2014-05-09 16:10 | アート

5月7日




c0122967_18162757.jpg


靉嘔AY-O初期作品展 PartⅢ
2014 5月13日(火)~31日(土) 12:00-19:00 open 日・月 休廊




c0122967_1819975.jpg

靉嘔 ライオン 1956年 リトグラフ 30×45cm  ed.20


c0122967_18184780.jpg

靉嘔 枯葉 1957年 リトグラフ  28×45cm ed.12









川越画廊のホームページ
by kg142 | 2014-05-07 18:36 | アート

4月23日

栃木県立美術館へ行ってきました。

真岡発 瑛九と前衛画家たち展  久保貞次郎と宇佐美コレクションを中心に
4月19日-6月22日 
栃木県立美術館

http://www.art.pref.tochigi.lg.jp/

宇佐美コレクションの瑛九が見ごたえのある展示となっていました。
自摺りの銅版画、リトグラフの大判が多数展示されていて、生誕100年展でも版画に限ればこれほど多くの作品は見られませんでした。
久保コレクションでは真岡市に寄贈された中で展示されていない作家も多く、またヘンリーミラーや北川民次など全体のごく一部しか展示されていないものもあるので、今後いろいろにアレンジされて展観されてゆくものと思われます。

真岡市の久保邸は、久保記念観光文化交流館として秋に公開されるようです。


旧久保コレクションを中心として、今年も靉嘔展を開催いたします。

靉嘔AY-O初期作品展 PartⅢ
2014 5月13日(火)~31日(土) 12:00-19:00 open 日・月 休廊


略歴:1931年茨城県生まれ。53瑛九らのデモクラート美術家協会に入会(-57)。54年東京教育大学卒業。55タケミヤ画廊個展。実在者展。53-57年読売アンデパンダン展。58渡米。62FLUXS参加。66ヴェネチアビエンナーレ。70レインボー北斎。71南画廊個展。サンパウロビエンナーレ。~ 00茨城県立近代美術館。06福井県立美術館。09三鷹市美術ギャラリー。10つくば美術館。12東京都現代美術館。各美術館個展開催。


c0122967_1502511.jpg

靉嘔  デカルコマニ―  油彩・紙  1957  28×18cm













川越画廊のホームページ
by kg142 | 2014-04-23 15:02 | アート

Tell me now




c0122967_1136810.jpg

靉嘔  Tell me now  キャンバスにシルクスクリーン 1966 73×50cm

1966年にベニスビエンナーレを終えて8年ぶりに帰国、初めて岡部徳三氏に摺りを依頼した作品が、#169 Dorp,#170 Moon calender,#171 What's in jump?,#172 Tell me now の4点である。
これらは限定部数30で当然紙に摺られている。
画像はキャンバスに摺られた唯一の作品で、文字のコラージュはない。




東京都現代美術館で
フルクサスのオリジナルメンバーによる「フルクサス・イン・ジャパン2014」が開催されます。
http://www.mot-art-museum.jp/news/2014/03/2014-1.html









川越画廊のホームページ
by kg142 | 2014-04-11 11:44 | アート

靉嘔のリトグラフ 新規

ブログタイトルを川越画廊に変更しました。
今までに画像を掲載いない靉嘔リトグラフをご紹介します。


c0122967_1611735.jpg



c0122967_1614954.jpg



c0122967_1615859.jpg



c0122967_1622334.jpg



c0122967_1625098.jpg



c0122967_163897.jpg



c0122967_1631536.jpg



c0122967_164080.jpg



c0122967_1641424.jpg


c0122967_1644235.jpg


c0122967_1651551.jpg



c0122967_1654210.jpg



c0122967_166080.jpg



c0122967_1662482.jpg



c0122967_1664260.jpg



c0122967_167497.jpg



c0122967_1671351.jpg



c0122967_1673990.jpg



c0122967_168328.jpg


c0122967_1682245.jpg





靉嘔略歴
1931 茨城県生まれ
1953 デモクラート美術協会参加
1954 東京教育大学卒 第6回読売アンデパンダン展~1958第10回まで
1955 第1回個展 タケミヤ画廊  巨大な鳥(50号)
1956 田園
1958 ニューヨークへ渡る(2006年までNYを拠点に活動) 宇宙(120号)
1959 祭りⅠ(120号)
1962頃 フルクサス に参加
1964 フィンガーボックス、レインボー・エンヴァイラメントNo.1 レインボー・ルーム、アニメイテッドレーンボー
1966 ヴェニスビエンナーレ日本代表
1970 万博 「レインボー・エンヴァイラメントNo.7 タクタイル・レインボー・ルーム レインボー北斎1971 サンパウロビエンナーレ ブラジル銀行賞受賞
1977 レインボー・エンヴァイラメントNo.11 レインボー・ランドリー」
1987 「25m 虹のイヴェント」(永平寺、福井)「300m レインボー・エッフェルタワー・プロジェクト」(エッフェル塔、パリ)
1993  In the Spirit of Fluxus
1994 「Some Hanging Pieces No.9 Object Mandala」(カッセラー・クンストフェライン、カッセル)
2006 「虹のかなたに 靉嘔AY-O回顧 1950-2006」(福井県立美術館、宮崎県立美術館)
2010 「靉嘔 1950s-2010」(茨城県つくば美術館)
2012 靉嘔 ふたたび虹のかなたに (東京都現代美術館) 新潟、広島巡回  







「プレイバック・アーティスト・トーク」展 長沢秀之 2013.6.14-8.4
東京国立近代美術館
by kg142 | 2013-06-13 16:09 | アート

レインボー北斎



c0122967_18281821.jpg


c0122967_182826100.jpg


靉嘔  レインボー北斎 1970年  シルクスクリーン  ed.90 15×15cm 54枚組
7回東京国際版画ビエンナーレ展(東京国立近代美術館賞受賞作 )

正式のタイトルは 「十開の圖 虹佛てんこまんだのづ こうぶつ」といい、北斎の春画「十開の図 仏」に虹をかけた作品。
十開をモーセの十戒(Ten Commandments)と読んで、「てんこまんだ」とルビをふっている。
全体を6枚に区切って摺り、摺りあがった後にそれぞれをまた9枚にカット、全体で54枚のセットである。
版数は全部で500版に及び、岡部徳三氏が一年かけて摺りあげた靉嘔の版画作品の代表作。

これをオフセットで複製した ●AY-O レインボー北斎・パズルカード というのもあります。
by kg142 | 2013-06-06 18:56 | アート

2013年5月28日






c0122967_18144379.jpg

鉄骨と雲 水彩 1957頃  25×25cm



c0122967_18174668.jpg

Sea Robin シルクスクリーン 1985 27×28cm ed.100   F15,000円
このシリーズ10種類 あります


つづく
by kg142 | 2013-05-28 18:23 | アート